FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

尊敬するブロガーさんの停止
完全なる独り言となります。

尊敬するブロガーさんの一人、Pさん(仮名)が先日ブログの停止を発表されました。
いつも読んでいる方が停止されると寂しいもんです。

停止理由は、ここには書きませんがわしもいつか同じ理由で停止しそうです笑
ただ、わしのブログは誰も読んでおりませんので影響とかはないのですが^^;

改めて確認をすると出資がかぶっているのが
ブラックヘルト
カシャーサ
ハッピーダイアリーの17
となります。

出資馬から活躍馬が出たら戻ってきていただけるようなので、陰ながら出資馬のご活躍をお祈りいたします。
アリンナデスティニーソングにも出資されているようなので、この2頭の復活がカギになりそうです。

ガキ使のヤマちゃんのように
「辞めへんで~」
と戻ってくるのも期待しております。

それにしても不思議なブログで、一口馬主のブログなのに目の保養になるという素晴らしいブログでした笑
いつの日か、復帰されるのをお待ちしております。

独り言 | 19:04:35 | コメント(0)
ヴォルパンテール初の中央一桁着順、カシャーサ惨敗
日曜の福島障害未勝利戦。

ヴォルパンテールが障害2戦目となりました。
中央では二桁着順が指定席ですので、掲示板などは過度の期待というもの。

まずは一桁着順を!と願っておりましたが念願叶いました!
なんと7着です。
これで多分初の出走奨励金がもらえる事でしょう。
稼いでなんぼですからね。まずは小さいながらも馬主孝行をしてくれた事に感謝をしてます。

先日のブログで5頭に勝てれば8着が見える!と書きました。
勝てそうな面々も書いたのですが、勝ち馬はこの面々から出てしまいました苦笑
ショウナンバローロ号、おめでとうございます!

ただ、ヴォルパンテールは7着とはいえ、6頭に勝ったわけではないんですよね。
結果的には、このレースは4頭が競走を中止しての7着。
棚ぼた的な7着ですが、結果は結果。

ただ内容をみても、初戦は勝ち馬とは3.8秒差でしたが、今回は3.2秒差に詰めました。
詰めたという表現が的確かはわかりませんが、甘い考えで捉えさせてください。
一歩ずつ前進していけば、まずは当面の目標である掲示板が見えてくるのでは・・



本日の船橋競馬でカシャーサが転厩初戦を迎えました。
こちらもあまり良い結果ではなく、6着という結果になってしまいました。
初戦とはいえ、地方競馬での結果ですので結構厳しい結果になります。

ただ、1500mという距離・+21kgの馬体重・稍重の馬場と、敗因を探せば色々な要素もありそうです。
この1戦で見限るよりも、もう数戦見てみたいですね。
次戦を楽しみにしていたいです。

G1馬だけが競馬じゃないですからね。

ヴォルパンテール | 19:38:54 | コメント(0)
中央復帰初戦は12着
本日の福島6Rで中央復帰をしたブラックヘルトは、13番人気の12着という結果でした。
順当な結果といえば結果でしょう。
なんせ中央復帰が7か月半ぶりのレースですから。

まずは無事に戻ってきてよかったです。
脚元に不具合が生じやすい馬なので、まずは状態を見極めていただいて、次戦を決めていただきたいと思います。

結果は惨敗だったにしても、内容は次戦に向けてまずまずと前向きに捉えております。
スタートからの行き脚も通用していたし、3歳未勝利戦のときのように3コーナーでいっぱいいっぱいになるか不安でしたが、
直線入るくらいまではいい勝負してたように思いました。
2戦目3戦目と一歩ずつ前進が見たいですね。
これからのブラックヘルトに期待してます。

さて、道営競馬がやってしまいました。
着順誤認!
これは山田君の距離誤認よりも大惨事です!
しかもよりによって重賞レースでやってしまうんですから、関係者は顔面蒼白ものです。
今年の競馬界は某調教師の飲酒運転など、不祥事のオンパレードですね。
もういっちょ何かありそうな予感です・・


今回の着順誤認問題で思い出したのが、中央競馬であったスタートミス事件。
全馬がゲートに納まる前にゲートが開いてしまうという事件が97年にありました。

この場合にスタートをやり直す事をカンパイと言うんですね。
今回初めて知りました。
こんな機会滅多にないですからね。

わしが知る97年のカンパイ事件。これがJRAでは直近の事件になるようです。
なぜ、この事件を覚えているかというと、度々出てくるのですが応援していた橋本広騎手が出走していたからです。
この時に、確か逃げ馬に乗っていてゲートが開いて逃げ打ったように記憶しています。
一旦、レースが不成立になるも、先行するのに脚を使ってしまったために、疲労が著しいために除外となっています。


97年12月20日の3歳500万下のレース結果です。


さて、ノルマンディーも競争馬が全く走らないという不祥事をそろそろ解決していただきたい!
(特にわしの出資馬!)

ブラックヘルト | 19:42:49 | コメント(0)
ブラックヘルトの復帰戦とヴォルパンテール障害2戦目
ついに明日、ブラックヘルトの復帰戦を迎える事になりました。

思えば1年前。
未勝利を勝ち上がれずに、北海道行きが決まったかと思いきやの去勢。
そして園田行き。
3勝目を挙げたものの、満身創痍で復帰までに半年以上を要しました。

ようやく明日、ついに復帰です。
まずはここで勝ち負けとは難しいでしょうから、中央のこのクラスでやれる目途がたつレースを見たいですね。

土曜の福島6R
個人的には、出資馬初の若手騎手限定レースになりました。
鞍上は木幡初也騎手です。初めて乗ってもらいます。

ちなみにわしのレベルになると木幡兄弟の区別が全くつきません笑
その原因の一つは名前でしょう。
上から

初也
巧也
育也

すみません、覚えられません!
このように改名いただければ、あほなわしでも覚えれます。

兄也
真ん中也
弟也


またまたちなみに、木幡は「コ ワ タ」と読みます。
どうもコハタと読んでしまうのですが・・



日曜もヴォルパンテールの出走が決まりました。
13頭立ての障害未勝利戦。

ここで4頭に勝てれば、中央初の一桁着順が見えてきます。
どうせなら5頭に勝って8着以内を目指してもらいましょう。

出走メンバーから、なんとか上に行けるんじゃないかという相手を失礼ながら探してみました。


◆キャプテンロビン
ヴォルパンテールが障害デビューした同日の別な障害未勝利戦に出て10着だった馬。
ちなみにこちらのレースでヴォルパンテールの走破時計を当てはめると2着馬と同タイムになります!

◆ショウナンバローロ
前走は初の障害戦を6着。
ただし、勝ち馬からは6.4秒離されており、5着馬とのタイム差は3.8秒差もある。
ちなみに、ヴォルパンテールの前走10着ではあったが、勝ち馬とは3.8秒差。

◆スマートフォース
前走はヴォルパンテールと同じレースに出て殿負け。
タイム差を見て驚きました。
勝ち馬との差はなんと

26.1秒差

平地では考えられないタイム差です。
途中で寝てしまったのでしょうか。
この馬には先着してもらいたいですね。


◆パブリックフレンド
この馬の前走もヴォルパンテールと同じレースです。
そしてこの馬は12着と前走では先着をしております。


この挙げた4頭+他の1頭に先着できれば8着になります!

落馬にだけは気を付けて、頑張れヴォルパンテール嬢!

ブラックヘルト | 19:49:24 | コメント(0)
出資馬が久々の勝利(地方所属ながら)
先日、宣言をした通り、本日より11月攻勢が開始されました!

先鋒となったのは、3歳未勝利を勝ち上がれず名古屋からの出戻りを目指すキャンディソング
本日の名古屋3Rに出走して、見事に移籍初戦を初勝利で飾りました。
(わしを含む出資者の皆さま)おめでとうございます。

これで個人的に続いていた未勝利は、約半年でストップ。
ただし、中央所属馬による未勝利は、まもなく1年半を迎えます笑

今日の勝利は、3月20日のブラックヘルトの園田卒業式以来の勝利です。
その、ブラックヘルトの中央復帰初戦は、今週の土曜日で確定しました。
ブラックヘルトについては、時間があれば明日書きます。

今日はキャンディソングちゃんの勝利についての個人的感想を。

まずポイントとなったのは、距離ではないでしょうか。
中央では1000~1200mで使われてきました。
名古屋では1400mが主流なのかな?(すみません、よくわかってません)
少なからず、初距離1400mに不安がありましたが、見事にその不安を吹き飛ばしてくれました。

そして、右回りである名古屋競馬。
中央時代からも左回りの方が良いと言われていただけに、ここにも不安はありました。
10月5日の近況報告でも
「不器用な感じは受けないのですが、コーナリングが上手くないですね。」
と、やはり右回りが不得手である報告がされておりました。

そして迎えた今日の大事な地方初戦。
ノルマンディーの同期でも、地方移籍後になかなか結果が出せない嫌な流れも感じておりました。


が、そんな考えを吹き飛ばしてくれる勝利。
直線では差は詰められたものの、最後はその差を詰まらせない根性も見せたと個人的には良いように感じとれました。


年内にあと1つ勝てば中央復帰の条件クリア・・・と世の中そんなに甘くない(キャンディだけに)のはわかってます。
ここで結果を出せたのは非常に大きいですね。

古い話で申し訳ないのですが、2戦目となった3月のレース後の秋山騎手のコメントから、
「軽い走りをする馬なので、現状では芝の方がもっと頑張れると思います」

この通り、中央に戻って芝で走ってこそ、輝ける馬だと信じてます。
まずは初戦の勝利、ありがとうございました。

キャンディソング | 19:58:25 | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad