FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

1/56の確率
いつもながら一日遅れの情報を書いていきます笑

今週のレースは、スーパー未勝利前の最後の未勝利がある週。
各陣営、是が非でも出走と出馬ラッシュだったようです。

ここで5着以内に入ればスーパー未勝利に出れるのですから、当然です。
スーパー未勝利トライアルのような形相になってます。
(出資馬にはいつか、クラシックのトライアルに出て欲しい)


昨日、クラブからメールが届きました。
今週、出走を予定していたキャンディソングクグロフともに抽選という想定でしたので、まずメールを受信した時点でどちらかの出走が決まったのがわかり、嬉しかったです。
メールを確認すると、両馬とも出走が確定!!

まずはキャンディソング
芝での出走は、まず叶わないことから早い段階でダート1000mの抽選へ絞っておりました。
なんと1/4の抽選で出走が叶ったとの事。
まず抽選を通れた事が、大きな分かれ目になりました。

残念ながら非当選となった馬には、良血プリメラビスタもおりました。
ブエナビスタの半妹になる馬です。
こういった非当選馬の分まで頑張って欲しい。


続いてクグロフ君。
こちらは、ダート1000が適鞍とはわかっているのですが出走が叶わなさそうとの事で、ギリギリ抽選になりそうなダート1700mへの投票となりました。
出れない適鞍よりも、出れる可能性がある1700です。当然の事でしょう。
そして抽選の結果、こちらも当選という事で出走になりました。
こちらは、なんと1/14という関門をくぐり抜けての出走!

武英智先生のコメント抜粋
「1/14の抽選を潜り抜けての出走はまさに奇跡で、ここで5着までに入ればまだスーパー未勝利戦に向かうチャンスも得られます。


ここは、勝ち負けよりも5着が目標です笑
前々走で距離が長いのはわかりきっておりますし、勝ち負け狙いよりも掲示板が目標。


1/4と1/14の抽選馬が、ともに出れる確率は1/56となります。
奇跡というには、ほど遠い確率ですが最後の未勝利戦にともに出走が叶っただけでも、非常にでかい!
まぁ、わしの日頃の行いが良いので当然の結果なのかもしれません。

ともに14頭立てのレース。
単純に勝つ確率を1/14とします。

2頭とも抽選をくぐり抜けて、2頭とも勝つ確率となると
1/4×1/14×1/14×1/14

1/10976

これが起きたら奇跡認定です^-^

スポンサーサイト
キャンディソング | 20:08:04 | コメント(0)
カシャーサ地方へ、ブラックヘルト中央へ
昨日の臨時更新でカシャーサの地方行きが発表されました。
個人的には出資したからには1日でも長くファンドを継続していただきたいので、嬉しい限りです。

中には、維持費がかかるので解散をご希望される方もいらっしゃるとは思いますが、こればかりはクラブ側の判断に委ねるしかありません。


昨日は、さらにブラックヘルトの臨時更新がありました。
もしかして怪我か!?
と、心配しましたが中央復帰のお知らせと、入厩先が畠山厩舎から本間忍厩舎に変更のお知らせでした。
この預託先変更などは、ブラックヘルトの出資者にとっては驚く事ではありません笑

2歳時の初入厩も土田厩舎の予定が、なぜか畠山厩舎に。
地方転厩の時も、道営予定が去勢して園田に。

ある意味お馴染みのお知らせなので、免疫がついてしまいました。
当初予定の畠山厩舎は今年14勝。
対して、本間忍厩舎は現在3勝と、差があります。
ランクでいえば下のランクの厩舎かもしれませんが、ブラックヘルトには関係ありません。
まずは目指せ中央初勝利を目指して、厩舎スタッフに頑張っていただきたい。

ただ、ブラックヘルトは脚元が弱いみたいなので取り扱い注意です。
本間忍厩舎の皆さま、よろしくお願いいたします。


話は変わりますがサンスポの競馬記事で、毎週水曜日に種牡馬のデータが載ってます。
結構それが楽しみで、新聞を切ってとっておいてます笑

ちょうど昨日はブラックヘルトの父であるブラックタイド特集がありました。
種牡馬大解剖ブラックタイド

新聞の片面にちょろっと載ってるくらいの記事なので、情報量は多くはありません。
ただ、目からう○こな情報ものっているのが楽しみなのです。

どうでもいいですが、う○こだと、「ん」を想像します。もちろん上の〇には「ろ」が入ります。

ブラックタイド産駒の長距離勝利は、キタサンブラックだけのようです。
ヘルトには、芝2600mの挑戦をしてもらいたかったですが、合わないのかもしれません。


カシャーサの地方初戦もブラックヘルトの中央復帰戦も、今から楽しみ!!

独り言 | 19:56:04 | コメント(0)
カシャーサ、無念の12着で終戦か
一発を期待したカシャーサでしたが、結果は12着といいとこ無しの結果でした。
結果が出てからの騎手のコメントを見てびっくりしました。
たった2行でまとめられているとは・・
ちょっと今後の行方を占うようなシンプルな報告になってました。

次、レースに使えるかどうか・・
連闘で、今週のレースに出れるほど甘くなさそうです。
まず出走は叶わないでしょう。

先週、先々週と3歳未勝利戦はともに7鞍組まれておりました。
が、開催最終週となる今週は、5鞍のみです。
今週のラストチャンスは当然ながら出馬ラッシュでしょう。

今後の動向予想をします。

ファンド継続の場合
①地方転厩から中央復帰を目指す
②中央所属のまま障害転向

ファンド解散の場合
③オークション行き(所有代わりで現役続行)
④競走生活引退(繁殖あがれず)
⑤繁殖入り


まずは⑤ですが、これは現時点ではほぼないでしょう。
未勝利という戦績と血統背景をみても、わしが言うのもなんですが繁殖の魅力が薄いでしょう。
サンデーを含んだ、どこにでもいる血統ですからね・・
近親に活躍馬もいないとなれば・・・

これまで9戦して掲示板が1回、二桁着順が5回。
この成績を見ると、うーん、どうでしょう。長嶋茂雄もうなります。

展開に注文がつく。
成績にムラがある。
門別では地方馬相手に大敗。

こう考えると地方行きは薄くなる?
ただ、満口馬という点を見ると出資者が多いので、そこを考慮しての地方行き・・と予想します。

わしの予想
◎①地方から復帰目指す
○③オークション行き

どちらかが濃厚でしょうか。
今週、臨時更新または金曜更新で発表があるでしょう。

カシャーサ | 19:43:19 | コメント(0)
カシャーサ、最終章!?
明日、カシャーサが札幌の3歳未勝利に出走します。

この時期に出走が叶っただけでも、良かったとしましょう。
これまで1200mを主に使われてきたのですが、恐らく1000mの出走にこぎつけなさそうとの事で初の1700m出走となりました。
今週の札幌は、3歳未勝利のD1700が3鞍組まれていての、ここだったのでしょう。

恐らく厳しい競馬になるとは思いますが、もしかしたらという淡い期待も込めて応援します。
思えば、昨年のワンダーセトラも1200~1400を使われていて、中央最終戦となったのは小倉のD1700でした。
骨折休養明け・初の1700とあって、結果は大敗(9着)だったのは記憶に残っております。


カシャーサは追い込み脚質ですので、もうそれだけに賭けて一発を狙っていただきたい。
騎乗するのは加藤祥騎手です。初めてお世話になります。

今日の札幌でベラソヴラーノが見事に未勝利を脱出しました。
ルーラシップ母父ディープインパクトというノルマンディーらしくない血統で話題になった馬です。
当然、出資を検討しましたが見送ってしまいました(あの時のわし、馬鹿野郎!)

ベラソヴラーノの勢いも借りたレースをしてほしい。

目指せ一桁着順大穴勝利!!

カシャーサ | 20:01:58 | コメント(0)
2018サマーセールが終了
月曜のサマープレミアセールから始まったセリも、本日終了しました。
日本一の血統が集まるセレクトセールは、もちろん気になるところですが、わしのようなノルマンディー一本野郎にとっては、
こちらのサマーセールの方が本番といった感じがします。

ノルマンディーファーム名義でも数頭落札しておりました。
この中から2017年産として、募集されてくるのでしょう。
2016年産の出資は、個人的には打ち止めとなったので2017年産の募集は楽しみです。


ノルマンディーで募集されるかは、まだわかりませんが気になった馬を。
23日に670万円で落札されたペッシュドールの2017
父はアグネスデジタル
母のペッシュドールは未勝利ですが、その兄弟には名種牡馬ステイゴールドを始め重賞馬レクレドールもいます。
一族をほじくり返すと重賞勝ち馬がゴロゴロ出るわ出るわ。
間違いなく良血です。

どうでも良いですが、ノルマンディーのカタログで良血を謳う馬の中に「それ本当に良血??」と感じる馬もいます笑
この馬に関しては、個人的には良血と謳っても違和感ございません。
父のアグネスデジタルは大物こそ出しておりませんが、その産駒たちは父同様に芝馬だったりダート馬だったりバラエティーに富んでる印象があります。

ペッシュドールの2017の血統を見ると、その中にサンデーサイレンスは含まれておりません。
間違って大活躍でもしようものならサンデーサイレンスを含まない事からアグネスデジタルの後継種牡馬に名乗りをあげてくれる!?
なんて気が早い妄想もしてみました。
募集価格が1,200万円前後なら前向きに検討!?もっと高いか?


もう一頭気になった馬。
こちらは、ノルマンディーでの落札ではなく岡田スタッドの主取り。
スノークラフトの2017です。
父はマツリダゴッホ
母は、中央で34戦1勝と大きな活躍はしておりませんが、妹にスマートレイアー・弟にプラチナムバレットがおります。

プラチナムバレットは、クラブを代表する馬なのに、その姉の仔をセリに出すなんて・・・けしからん!
クラブで募集をかければ間違いなく人気すると思うのですが・・・
個人的にマツリダゴッホ産駒には興味がそれほどないのですが、この血統ですと当然のことながら要チェックです。

セリでは全然声がかからず、400万円からスタートするも無反応でした・・
思い切って1000万円未満で募集をかけてくれれば、前向き検討します。



他にもおもしろい血統の馬を落札してますね。
あとは、レックス名義の馬も過去にノルマンディーにまわってこなかったべか??

「落札」=「間違いなくクラブで募集」という事ではないので、たわごとはこの辺で。

独り言 | 19:50:08 | コメント(0)
ブラックヘルトの復帰が待ち遠しい
中央復帰要件を満たして、ぼちぼち復帰が見えてきたブラックヘルト
3月20日に出走してから、今日でちょうど5か月目となりました。

現在は、松風馬事センターにて調整しております。
馬体重も最近は550kgオーバーを計測しており、無事に成長しているようです。

ここ2週の近況報告では「逆算して調整」との言葉が出てきているように、怪我した箇所も回復している模様。
待ちに待った復帰戦が近づいてきました。

まだ再入厩もしていないし、正式なアナウンスもないですが復帰戦を勝手に予想。
9月は中山・阪神の2場開催という事もあって出走が混み合いそうです。
10月は、東京・京都に加えて中頃から新潟開催もあります。

早ければこの新潟開催が、復帰初戦となるのでは!?と勝手に予想。
園田でダート1700で勝ち上がった事を考えれば、ダート1800を使うのが目に見えております。
土日のレースでみると、ダート1800が(牝馬限定も含めると)毎週3~4鞍組まれております。

かと言って少頭数になる事はないでしょうが、レース選択はしやすそうです。
3週間の新潟開催があって、その後は福島開催になります。
復帰2戦目が、この福島開催になるのでは!?

ここも当然ダート1700の番組が豊富にあります。
ただ、個人的には毎週組まれている芝2600mでのレースも見てみたいです。
元々は芝でのデビュー馬ですからね。

ダートで勝ち上がった、同期のシュエットヌーベルが日曜の芝のレースで見事に3勝目をあげました。
ただ、この馬も500万下では一時期苦戦をしておりました。
それを跳ね除けての3勝目だから、すごく羨ましいですね。
こうゆう苦労をした馬が、成長をして見事にクラスを破るのですから陣営の努力がうかがえます。

ブラックヘルトも、続いて欲しい。
復帰戦、待ってます。

ブラックヘルト | 20:11:44 | コメント(0)
ヴォルパンテール、障害転向へ
ヴォルパンテールの今後について、本日発表がありました。

2018年8月13日の記事で、今後について予想はしていたのですが見事なまでに裏切られてしまいました。

地方行き、または繁殖入りを本線に予想をしていたのですが、完全に裏を突かれた障害転向でした。
そして、当然ながら高木厩舎から加藤和宏厩舎へと転厩になりました。

最も恐れていたオークション行きは火曜の時点でないと思っていたので、一安心しました。
ただ、同じノルマンディーのロワセレスト号が、今週怪我のためにファンド解散となってしまいました。
ロワセレストは、一口価格が74,000円と、ノルマンディーではヴォルパンテール同様に高額部類に入ります。
活躍が期待されていたのですが、怪我には勝てませんでした。

そう考えると、ヴォルパンテールは、少ないながらもレースを使えて、
結果が出なくても障害転向のチャンスをもらえたのは、改めて幸せを感じます。

高木先生、これまでありがとうございます。
そして加藤和宏先生、よろしくお願いいたします。

加藤先生の成績を見てみると、これまでの調教師生活にて二桁勝利は1度だけ。
ここ5年でみても、最高で5勝と一級線で活躍をしているわけではありません。
わしが競馬を始めた頃には、騎手として活躍されておりましたが騎手生活の晩年とあって決して多い騎乗ではありませんでした。

決してディスってるわけではありません。
これからヴォルパンテールともども、成績を上向いていって欲しいです。

障害デビュー目標が秋(10月)の新潟開催という事で、すでに目標も見据えております。
まずは2か月間、障害馬になるべく練習が始まる事でしょう。

思えばヴォルパンテールの名前は、まさに障害に転向後に大活躍するのを暗示したような意味があります。

おフランス語で

「飛翔」「豹」という言葉で出来ております。

年内の目標をさすがに年末の中山大障害!とは言いませんが、まずは障害レースにて掲示板に乗るのが目標でしょう。


飛べ!ヴォルパンテール!!

ヴォルパンテール | 20:36:06 | コメント(0)
youtubeでたまたま見た動画
youtubeで動画を見ていたら、たまたまみつけた動画です。
池添騎手が北海道のローカル番組に出ているというもの。

競馬の話題では、もしかしたらとっくに話題になってるかもしれませんが・・

北海道ローカル番組に出る池添騎手

どうやら一般人枠で池添騎手と勝浦騎手と、もう一人どなたか知り合いの方と3人で出ていたようです。
抽選で選ばれた1名が、番組のコーナーに参加して賞金ゲットを目指すというもの。

この抽選で、見事に池添騎手が通過しております笑
このコーナーでは、電話で知り合いに回答を頼むのですが、その電話の相手が丸山元気騎手のようです。

番組内出演者の方々は、この「池添さん」が騎手とはわからないようで、そのまま進行していきます笑


これはリアルタイムで見ていたらテンションが上がっただろうなぁ。

一緒に出ていた勝浦騎手。
ちょっとガラが悪くなってません?笑
しかも抽選漏れした勝浦騎手は、後日も行ったみたいですねw

騎手が北海道満喫していていいなあ。
来年は、ルメール騎手も連れていって欲しいな。

独り言 | 19:14:16 | コメント(0)
気になるジョッキー
競馬にもっとも時間を費やしていた2000年代初頭。
この頃は、競馬にどっぷりだったので騎手なんかも名前をみれば「この馬の騎手だ」くらい、だいたいの名前は聞いた事があるくらいだった。

が、ここ数年の一口馬主を始めるまでは、そこまで見てもいなかったので若手はわからない騎手も多い。
また、昨今の事情で若手騎手が乗る機会が少ないのもあって、覚える機会も少ない。
そして、わしがもう新しい事を覚えるのに時間がかかるので、なかなか覚えられない事も原因だろう笑


JRAのサイトをみていて、ものすごく気になった騎手がいる。

この彼なんですが・・・


1173.jpg

※画像はJRAから拝借しました


騎手名鑑を見ていた時にものすごく気になったのが、彼の顔。

あれ?間違って地方の騎手?いや地方で2000勝くらいして転入してきたような顔だな。
いつの間にかJRAに来たベテラン地方ジョッキーかな。

これが、第一印象でした。

しかし生年月日を見ると1997年生まれ。

え?まだ二十歳そこそこ!?


山田敬士騎手


そして、デビュー年を見ると2018年。そう今年でした。
どうりでわからないはずです。


他の若手騎手の写真もみたのですが、こんなに風格がある写真を使ってるのは、この山田敬士騎手だけでした。
多分ノルマンディーとも、これまで縁がまだないのではないでしょうか。

これはいつか出資馬に乗ってもらいたい。
なんだか気になる騎手になってしまいました。

もしかしたら将来出資馬で勝ってくれるのかも!?

応援していきます。

独り言 | 19:32:46 | コメント(0)
日曜出走馬の悲しい結果
日曜に出走した2頭の結果は非常に残念なものとなりました。


フェアリースキップ(2歳未勝利)

結果は、9着。
といっても9頭立ての9着なので殿負けです。
それも出資馬初のタイムオーバーとなりました。
掲示板に載れれば、もう1戦札幌あるかな?と思っておりましたが、それは叶わぬ夢となりました。

一旦放牧にでも出されるでしょうかね。
ここは立て直しと馬体成長で、間隔を開けてくるかな。
ただ、結果があまりにも負けすぎで、故障でもしていないか心配です。
逆に故障していなくても、それはそれで負け過ぎなので今後が心配です。


ヴォルパンテール(3歳未勝利)
15頭立ての13着。

結局、これまで走った中央では一桁着順を取れず終いでした。
今回結果が出なかった事を踏まえると、今後未勝利戦への出走は終了と捉えて良いでしょう。

今後のヴォルパンテールの行方は??

ファンド継続の場合
①地方転厩から中央復帰を目指す
②中央所属のまま障害転向

ファンド解散の場合
③オークション行き(所有代わりで現役続行)
④競走生活引退(繁殖あがれず)
⑤繁殖入り


まぁ、この辺でしょうかね。
個人的には、最終的に⑤へいってくれたら、それまでの過程はどれでも良いです。
ただ、所有が代わってしまうと、恐らく繁殖入り後の優先権は失効なのでは?と考えておりますので避けていただきたい。

予想としては
◎①
○⑤
▲③

①地方行き
なんだかんだでノルマンディーとしては、高額馬になります。
最後の悪あがきで地方へ行って、さらに壁にぶち当たるのでは??笑

⑤繁殖入り
ただの牝馬と違って、貴重な外国血統です。
父キトゥンズジョイと母父ハーランズホリデーを考えると、結果が出なくでも手放すとは考えなれない?
というか、手放して欲しくないだけです笑

③オークション行き
これまでの結果を踏まえると、こうなってもおかしくないですね。
ただ、この結果だけは嫌なので、そうならないように祈るのみ。

恐らく近日中には、なんらかのアナウンスがあることでしょう。
お疲れ様、という言葉はもう少しとっておきたいです。


ヴォルパンテール | 10:30:14 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad