FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

先週末の競馬・今週末の競馬
先週の競馬

出資馬クグロフが出走しました。
結果は良いところなくシンガリ負けの14着。

スタートが良くなかった・初の1700mとはいえ、もうちょっと格好つけて欲しかったというのが正直なところ。
今回の収穫は2点。
・1700mは明らかに長かった
・現状では余程の事がない限り勝ち上がれない

厳しい収穫ですが、非常に大事な点です。
現在函館にいる事。
時間がない事。

これらを考えると
門別での交流競走に向かうか、このまま北海道シリーズのD1000mが目標になるでしょうか。
あと1~3戦しかないと思いますが、可能性が0ではないのは間違いありません。

ワールドカップで例えると、予選最後の試合で強国相手に5点差で勝つしかないような状況でしょうか。



宝塚記念
ミッキーロケットが初めてG1を勝った。
というよりも、和田騎手が久々のG1を勝ったというインパクトの方が強すぎました。
久々に感動させられるレースでした。
おめでとうございます。

今回の和田騎手の勝利で思った事。
・和田騎手、もう40代だったのか。見た目が若々しい。

もっと若く見える・・というか昔から老け込んでいないような感じです。
オペラオーに乗っていた時と比べて、見た目変わってないのでは?笑


今週末の競馬
明日から土曜夜まで帰宅が出来ないので、想定も出ておりませんが今週出走予定馬を。

カシャーサ
交流競走と今週末のレースの両にらみでしたが、中京のレース一本になってました。
残念ながら交流競走は選出されなかったのでしょうか。

この中京のレース。
出資馬のキャンディソングも予定しております。


現状で、3歳出資馬で勝ち上がれるのはどちらかかと思っております。
4頭とも勝ち上がりが理想ですが、この状態だと1頭でも御の字です。

キャンディソングはダート適正に、まだ疑問符がつきます。
対してカシャーサは追い込みの型にはめたレースで結果を出せるようになっております。

1着同着が理想ですが、それはないのがわかっております。
出走できるかどうかも、現時点で未定ですがどちらかがやってくれるのではと信じております。

勝利も必要ですが、どちらかでも5着以内で次走優先権をゲット出来れば良いです。


明日の想定、明後日の出走確定は出先でのチェックになります。

スポンサーサイト
カシャーサ | 19:56:30 | コメント(0)
ほぼ連闘の、ほぼクグロフ
クグロフ
某CMじゃないですが、ほぼ連闘となりました。ほぼクグロフ君。
そして念願のほぼダートほぼ1700mの挑戦となります。

明日のほぼ函館ほぼ2Rへの出走です。
当初はほぼ古川吉洋騎手予定とありましたが、明日の鞍乗はほぼ藤岡康太騎手です。
すっかり忘れていましたが、2戦目のほぼ京都遠征の際に騎乗されているんですね。
その頃よりは成長していることでしょう。
(ほぼ使用ここでほぼ終了します笑)

騎手って、こんな半年以上も空いた、しかも未勝利戦で1回しか乗った事ない馬の事って覚えているんでしょうかね?
わしなんて半月前のスケジュールさえ忘れているし。
テレビや新聞のコメントだったら覚えてる風ですが、ぶっちゃけ覚えてないでしょう。よほど特徴がない限り。


カシャーサ
今週出走を予定しておりましたが、抽選にもかからずの除外となってしまいました。
翌週以降へのスライドとなりました。
が、その翌週の予定だと6月30日の中京ダート1200(牝)です。
このレースには、出資馬キャンディソングも出走を予定しております。

カシャーサは7月4日の交流競走へも申し込みをかけているようなので、なんとかそちらに出走が叶えば嬉しいのですが。
この交流競走はダート1400mなのですが、距離延長も苦にならないでしょう。
是非こちらに出走を!!


ヴォルパンテール
意外に(?)な事に、今週臨時更新はございませんでした。
わしの予想は外れました。
とりあえず次走予定は福島開催となりました。
このまま高木厩舎で続戦となりそうです。(多分)

本日の更新で外へ行きましたので、短期で戻して7月後半で使う事になるでしょうか。
個人的予想としては、7月22日のダート1700mあたりでしょうか。
江田騎手も「極端な競馬」を推奨しているように、手詰まり感が否めません。
ここで言う極端な競馬といえば逃げやまくりになるのでしょうか。
そうであれば、ダート1700を使うのかなぁと思っております。


来週は早い事に6月最終週となります。
昨年は、この最終週に4次募集の発表がありました。
個人的には今年も売れ残り処分馬による4次募集があるのではと勝手に思い込んでおります。

出資するためには、まず資金ですが出資したいお馬さんがリストアップされるかどうか。
今週の競馬でどかんと当てて、出資にまわしたいところです。

それにはまずクグロフの出走。
全姉もダート短距離で活躍するように、血統的にはダート短距離が適正でしょう。
が、前所属の先生が試したかった事や現所属の先生も2戦目で試すように、可能性があるのも事実でしょう。
すっと先行出来れば良い結果もあるのでは!?
なんとかぎりぎりでも優先権を!

個人的期待度
★★★☆☆(掲示板期待)


クグロフ | 21:02:44 | コメント(0)
岩崎翼騎手と七夕賞へ
プラチナムバレットの次走騎手が内定しました。
河内厩舎に元所属していた岩崎翼騎手です。

除外の可能性もあるので、100%出れるわけではありません。
岩崎騎手は、まだ重賞未勝利ですので出走が叶えば大チャンスですね。
今の競馬界は、なかなか若い騎手にチャンスが与えられませんからね。

わしが競馬を始めて、まだ武豊騎手しか知らなかった頃。当然岡部騎手も知りません笑
そんな時代に強かった牝馬「メジロドーベル」がおりました。
このドーベルの主戦は吉田豊騎手でしたが、なんせ無知でしたのでどんな騎手かもわかりません。
こんな強い馬に乗ってるんだから、すごい騎手なんだろうなと思っておりました。
後からわかった事ですが、若手騎手だったんですね。

調べてみるとドーベルに騎乗していた頃の吉田豊騎手は21~24歳。
大久保洋吉先生が、所属のあんちゃんにこんな馬を乗せれるいい時代です。

岩崎翼騎手は現在24歳。
ちなみに岩崎翼騎手が産まれた年に吉田豊騎手がデビューしておりました。
(時の流れを感じます・・)
河内先生が愛弟子与えた大チャンス。(除外されなければ)
期待に応えてください、岩崎翼くん!



どうでもいい話ですが、吉田豊騎手のお手馬で一番好きだったのは、サイレントハンターです。
G1こそ勝てませんでしたが、生粋の逃げ馬として魅了してくれました。
最近はそんな生粋の逃げ馬も、あまり見なくなってしまいました。

いつかこんな馬に出資したいです。

プラチナムバレット | 19:39:20 | コメント(0)
今後は環境変化がありそうなヴォルパンテール
日曜のレース。
初ダートとなったヴォルパンテールでしたが、結果は11着と芝同様結果が出ませんでした。

これはある程度覚悟が必要になるでしょう。
今週あたり臨時更新があってもおかしくありません。


今後として考えられる事をいくつか最悪の場合を順に想定。


◆ファンド解散、サラブレッドオークション行き
こうなると、彼女と関わる事はもうできません。文字通り最悪の想定。


◆ファンド解散、繁殖牝馬入り
海外からある程度の価格で購入してきておりますからね。
売り払うくらいなら繁殖入りしてくれたら言う事はありません。
サンデーが入っていないだけで配合相手を選びませんし。
今度は母馬として、優先出資が出来る事になるでしょう。


◆地方転厩
現状では中央は諦めて、地方からの出戻り。
まだダート1戦ですので、この判断は早いでしょう。


◆障害転向
芝でダメならダート。
ダートでダメなら障害!
という、安易な転向。
わしの考えが安易なのです。


◆転厩
これは十分にありそうです。
というか個人的には今週当たりくるのでは、と思っております。
高木登厩舎もノルマンディーはもちろん、マイネル軍団や了徳寺さんの〇〇テソーロなどが集まる
人気厩舎ですからね。
全戦二桁着順のヴォルパンテールが環境を変えさせられる可能性は高いのでは?


◆このまま続戦
環境が変わらなくても地方交流などは可能性ありそう。




個人的な予想は、転厩です。
そうなると、この時期の結果が出せていない3歳未勝利馬の転厩先といえば
失礼ですが、リーディング下位の厩舎になるでしょう。

ずばり蛯名利弘厩舎!

理由もなにもないのですが、所属馬を見たらヴォルパンテールと同じような名前の馬がいたから。
その名もレヴァンタール

レヴァンタール
ヴォルパンテール

なんとなく響きと、「ヴ」と「ール」が・・



当たったら、予言者としてデビューします。

ヴォルパンテール | 19:28:37 | コメント(0)
サマー2000シリーズ出走なるか・・
予定通り、今月は出走が続きそうです。
結果も出てくれれば嬉しいですが、どうなることやら。


6月17日
ヴォルパンテール

6月24日
カシャーサ

6月30日
キャンディソング
クグロフ(または7月1日)

7月8日
プラチナムバレット


特に気になるのは、プラチナムバレット
昨日の近況から河内先生のコメント抜粋
「この感じならば次走プランを立てられそうですね。
あくまで予定ですが、7/08(日)福島・七夕賞(G3・芝2000mハンデ)を目標にしていきます。」

ついに正式に先生よりコメントがいただけました。
先日書いたように賞金的に除外されるリスクがありますが、目標として七夕賞。

ここからは妄想タイムになりますが、ここで1着または2着を取れれば、次走予定が組みやすくなります。
そしてなにより、七夕賞はサマー2000対象レースです。
次走に小倉記念・札幌記念・新潟記念を使って、結果を出せれば、サマー2000のチャンピオンが見えてきます。

賞金は馬主に3200万、厩舎関係者に800万。
G3を勝つのと同等の賞金は、大きいですね。



フェアリースキップも、無事に入厩してデビューに向けて頑張っているようです。
満口にはなりませんでしたので、出資を見送った方を後悔させるくらいの活躍を期待してます!!

今日の出走で気になった馬を。
函館2歳新馬 芝1000m
ロードワンダー

気になった理由は、その配合。
このロードワンダーですが父がキンシャサノキセキで母父がキングマンボ
フェアリースキップが父キンシャサノキセキで母父がキングカメハメハですので近い配合です。
世代も一緒なので、今後戦う事があるかもしれません。

結果は1番人気に推されるも、2着止まりでした。
いつでも勝ち上がれる印象のレースでした。
鞍上はルメール騎手でしたが、今日のルメール騎手の調子が良くない。
8鞍に騎乗。それも全て3番人気以内でしたが、勝ったのは結局1つのみ。
今日の結果はルメールに、してやられたといったところでしょうか。


この新馬戦でシンガリに負けた馬は、勝ち馬より12秒近く負けており、当然タイムオーバー。
1頭だけ1200m走ったかのような時計でした。

ちょっとひどい結果なので、どこの可哀想なオーナーでどこの生産牧場か見てみると・・・
トレンディダーム

これは、完全にノルマンディーの2歳馬も期待出来なくなってしまいますよ笑
いや、まじで・・

プラチナムバレット | 20:08:21 | コメント(0)
結果が求められるヴォルパンテール
17日 東京1R ダート1400m 16頭立て

ヴォルパンテールの出走が決まりました。
今回は初のダート。調教でも良い動きを見せており、結果が期待されます。
ただ、(個人的主観ですが)芝を見限られての)ダート路線転向です。
ここで結果が出ないようであれば、最悪ファンド解散も覚悟しなくてはなりません。

出走メンバーは、ヴォルパンテールを含めてレベルが低めのメンバーになったようです。
16頭立てで、初出走は1頭。
二桁着順を経験していないのは、なんと1頭。
その1頭も、2戦して6着・9着と安定感には欠けております。

馬券に絡んだ事があるのが、わずか3頭でこれらの馬が人気の中心になるのでしょう。
ヴォルパンテールも初ダートという事で穴人気してくれるでしょうか。

鞍上は、ここまで4戦して2戦乗っている江田ちゃんです。
3戦目という事で、主戦騎手と言っても良いでしょう!!
その江田ちゃんが、初めて跨った2月のレース後には、ダートへの進言もしております。

その時は、初ダート出走まで4か月かかると思いませんでしが、ようやくスタートラインに立つと思ってます。
目標は8着以内・・・なんて悠長な事は言ってられません。

ここは掲示板を期待してます!!

この馬は記憶の限りだと、あまり売れなかった気がします。
そうなると売れ残り分はクラブの負担になるでしょうから、見限りが早いのかと懸念があります。

優先権を取れれば、7月14日または22日にある福島ダート1700mを使えます。


絶対に負けられない戦いがそこにはある!


個人的期待度
★★★☆☆(掲示板期待)


ヴォルパンテール | 20:47:23 | コメント(0)
アルキバ特別 無念の2着
本日、門別のアルキバ特別に出走したクグロフ君でしたが、1番人気に推されるも結果は2着。

勝ったのは、同じノルマンディーのアインツェルカンプ号でした。
出資者の方々、おめでとうございます。

そもそもクグロフは、過去に稍重のレースに2回出走してともに二桁着順。
北海道は、昨日から大雨が降っており、今日は予想通りの不良馬場でのレースとなりました。
メンバーを見渡せば、ぐりぐりに本命になる馬はいません。
一度は回避を考えていた先生が、出走した決断は間違いなかった事でしょう。
このメンバーで、出走を回避して函館に回っていたら、「出てたら勝てたのに」とずっと後悔していたかもしれません。

ただ、レースはスタート直後に下がってしまって、馬場状態を考えるとジエンドかとも思いました。
道中は、おっつけていても上がっていく気配がないので、今回も二桁着順かと思いましたが、なんと9頭立てでした笑

直線では、なんとか伸びてきて一瞬「交わせるか!?」とも思いましたが、勝った馬が強かった。
それでも2着を確保したところを見ると、ひいき目に見て一番内容が良かった競馬をしたのでは?

ただ、このメンバーで勝てないようであれば、500万下にいっても結果が見えてます。
函館・札幌はダートは1000と1700だけなのを考えると、一度1700に挑戦するのも見てみたいですね。
もともと、伊藤圭三先生の時にもあったプランですし、武英智先生も迷っていたくらいなので出走があるのでは!?

昨年、ブラックヘルトが同じように北海道での未勝利脱出を目指しました。
その際も、まずは交流競走を使ってから、函館のレースに出走しております。
特に節を稼がなくても、レース選択は余裕があるのかもしれません。

中2.5週で、7月7日8日のダート1700mなんていかがでしょうか。
それとも、再度交流競走へ行くのでしょうか。

今回の結果は残念でしたが、悲観する内容であるのも事実。
メンバー・展開・枠・馬場など、うるさい注文がつきますが、勝ち上がりのチャンスは十分ありそうです。

次走も楽しみ!クグロフ

クグロフ | 20:37:53 | コメント(0)
【入厩間近】フェアリースキップ
本日、公式のお知らせよりフェアリースキップの入厩間近のアナウンスがされました。
昨日くらいでは、残口が142だか143あった気がします。

アナウンス後に、駆け込み出資があったようで、11日20時現在で129口となっております。
今日だけで10以上のマウスパッドへの申込がありました。

最終的には100を切るのではないかとみております。
ご検討中の方は、是非いかがでしょうか。

ことわざから取った、こんな素敵な馬名をした馬がおりました。
マチカネノコリモノ

マチカネフクガアル

「残り物には福がある」


プラチナムバレットも結局は満口にはなりませんでした。
この馬もチャンスです。

あれ?訂正です。
マチカネワラウカドマチカネフクキタルはいたけど、残り物には福があるはいませんでした。

がははははは!
(笑ってれば福が来るべ)


フェアリースキップも改めてみると、安馬ですが味のある血統ですよ。
母の半兄のラトルスネークは2~6歳まで活躍しました。
賞金も1億オーバーです。

ハワイアンスマイルは父がキングカメハメハ
この母の妹や弟にあたる馬の父は、ディープインパクト・ディープインパクト・ハーツクライ
クラッシック狙いだったのがわかりますね。

残念ながら結果は出ておりませんが、相当期待されている血だというのがわかります。
それもそのはず、母母のワシントンシティはチリで3歳牝馬チャンピオンになっております。
名牝の仔が未出走で繁殖入りして、その仔が走るなんていうのは良くある話でしょう。


★オススメポイント
しっかりした血統
早期デビューが見込まれる
低価格!


★気になるポイント
小柄な馬体
開業したての林調教師が現在未勝利



個人的に思う事。
繁殖に上がってくれた際にサンデーサイレンスが薄まっているので、父にサンデーを含む馬も付けやすいかなと。

スクリーンヒーロー×フェアリースキップ

この馬の出資優先権いかがでしょうか!?
(すみません、先走り過ぎました。)

フェアリースキップ | 20:39:15 | コメント(0)
クグロフ君、結局は門別での交流競走へ
出資馬の次走予定が更新されると、出走が近くなってよりワクワクします。

金曜夜は近況更新もあったので、そんな出資馬について一言二言。


クグロフ
水曜の時点では、交流競走の出走を白紙にして、函館のレースに照準を合わせてました。
が、昨日になると突然次走予定が、門別一本に笑

先生のコメント抜粋
現状1000m戦だと追っつけどおしになる可能性があり、前々で気持ちよく進められそうではあるものの、1700mでは距離が若干長いイメージですね。
どちらにしても函館開幕週に組まれている番組に向かおうと、一旦は選出された地方交流競走を辞退する考えでいましたが、メンバーを吟味したうえで最終的に使う結論に至りました。



なんとまぁ。
良く言えば慎重派、悪く言えば優柔不断?
そのような印象を勝手ながら受けてしまいました。
わしが、まさにそのような性格ですので、武英智先生には親近感さえ抱きました笑
まだ、詳しい出走馬は見れないようですので、どのようなライバル達になるのか。
平日のレース楽しみにしております。


先日のゼッケンの記事ではないですが、今日から毎月恒例の出資馬ゼッケンプレゼントの応募が始まってます。
わしは公式でマイページにログインする事なんて、あまりないのでよく忘れるんですよね笑
気が付いたら応募期間が終わったりするので、公式トップの「お知らせ」に載せてくれないかなぁ。


今月はプラチナムバレットのゼッケンがあるので出資者の方はお忘れ・・・いただければわしの当選確率がUPします。

クグロフ | 11:28:29 | コメント(0)
昨年当たったゼッケンをようやく飾りました
もうすでに1年以上前の話。

昨年の4月21日の記事より。
ワンダーセトラが2戦目で使用したゼッケンが当たりました。

せっかく当たったゼッケンですが、なかなか忙しくて(言い訳)飾る機会がありませんでした。
それが、ようやく重い腰を上げてアマゾンで額などを購入。

ゼッケンの飾る方法は、いろんな先輩方がブログで記事にされているのでそれを参考にしました。
ゼッケンブログ書いていた皆さま、ありがとうございます。

簡単に書くと
B2サイズの額縁(1,700円ちょいでした)
B2サイズのポスタースリーブ(10枚入りで900円ちょい)
ダニよけシート(買ったのですが、分厚くなってしまったため、使用しませんでした)

もっと、高級なゼッケン用の額があるようですが、なんせワンダーセトラの未勝利戦のゼッケンです。
高級枠は出資馬がG1勝つまで我慢します。


ちょちょいと、ポスタースリーブにゼッケンを入れて額に入れるだけ!
(厚みなどで額の枠がきちんとはまらずに20分以上かかりました。お恥ずかしい・・)


んで、こんな感じ。

id_585743453.jpg


まずまずうぃーね!と思ったのですがちょうどセンサーライトが邪魔をして左上がりになっております。
(修正せねば・・・)

馬の毛もついたままに飾りました。
ダート馬なので砂は、結構ついてました。
が、こちらもそのまま。
多分大丈夫でしょう・・

ワンダーセトラがこれまで思うように調教できなかったのは、このゼッケンが飾られていなかったからかもしれません。
今週の近況報告から、きっと良い事が書いてあるでしょう笑


このゼッケンコレクションが増えていけばいいなぁ。
壁一面に出資馬のゼッケン・・憧れですね。


命名すればデビュー戦のゼッケンが送られてくるようですね。
1歳世代からは、なんとかそこを目指します!!


夢はでっかく、命名馬のG1制覇!!



ワンダーセトラ | 19:40:47 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad