■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

わしの馬名の応募方法
馬名には大きくわけて3パターンに分かれると思っております。


◆Aパターン

血統的背景から連想

恐らくこのパターンが最も多いと思います。
父から連想
母から連想
祖先から連想

出資馬でいえば
カシャーサ(父名・母名から連想)
クグロフ(母名から連想)
などなど

オーソドックスなので考える方も思案しやすいですよね。


◆Bパターン

身体的特徴・生年月日などから連想


血統背景よりも、その馬が持ってる特徴からイメージされた馬名です。
額の流星から連想
馬体の大きい・小さいから連想
毛色から連想
誕生花などから連想

出資馬でいえば
プラチナムバレット(恐らく芦毛の馬体から)
フェアリースキップ(小柄な体型からイメージ)

ピッタリの馬名が候補にあると、ついつい投票したくなります。
また、よく考えたものだと感心させられる場合もあります。
センスもそうですが、時間をかけて考えたのがよくわかる、愛がこもった候補もありますよね。


◆Cパターン

その他(言葉の響きの良さ、造語など)

もうとにかくカッコイイ響きの名前だったり、造語だったり。
カッコイイ名前が付いて、いざ走ってくれると一般の方のファンも当然増えるでしょう。

出資馬以外でちょろっと調べてみると
ライズインザノース(北海道競馬からの躍進を期待)
カッコイイ馬名ですね。地方所属で募集された馬です。
ララパルーザ(観客が足を鳴らし地鳴りのような響きを起こすさま)
詳しい理由はわかりませんが、観客が地鳴りを起こすくらいの活躍を願われたのでしょう。

少しは血統などからイメージされているのもありますが、由来から推測なので勘弁してください。



馬名を考えるときは、こんな感じで考えたり、選ばれたり。
BパターンとCパターン、この2つには特徴があります。

それは、出資馬が決まっていなくても考えてストックしておける事!

例えば
黒光りした馬体で早く走るようになって欲しい
という理由で
マッハクロチャン
と、考えたとします。

すると、この馬名は黒毛や青鹿毛の馬に応募できるんです。
(この馬名で応募するほど、わしも落ちぶれておりませんが^^;)

という事で、普段からカッコイイと思って、馬に名付けられそうな言葉を常日頃アンテナをはって探しております。
テレビだったり、ネットだったり、新聞だったり、書籍だったり・・

9文字以内で、ビビッと来る素晴らしい言葉って結構あふれております。
これは良い!と思ったら携帯のメモ機能に書き溜めて、日の目を見る時を待ってます。

でも、調べてみると既に使われていた、って事は良くあります。

そんなボツネタになってしまった響きだけで惹かれた個人的候補を。

アカシックレコード
意味:過去から現在まであらゆる事象・出来事が記録されている世界的概念

端折った説明ですが、言葉の響きや意味はなんとなく良くないですか??
応募理由も
競馬界の記憶に残る馬になるように
なんてキザすぎでしょうか。
ただ、この馬名はすでにありました。
アカシックレコード

既に8年前に引退されているみたいなので、使えない事もないですよ。


シンギュラリティ
意味:技術的特異点
人工知能が人類の知能を超える事

こちらも端折った説明になりますが、こんな感じです。
この馬が過去の名馬を超えていくように!
なんて理由でいかがでしょうか。

そうです、こちらもありました。
シンギュラリティ


この二つの言葉は、わしの記憶が確かなら同じテレビ番組からびびっときた気がします。

やりすぎ都市伝説


この番組は、結構難しい言葉だったりおもしろい言葉が出てくるので、候補に入れたいのが結構でます。
あとは、世界を旅する番組なども良い響きの言葉がよく出ますね。

ぐだぐだ書いてますが、結局まだ未採用ですからね。
1歳馬では少ない出資馬からなんとか選ばれるように、考えねば・・・

スポンサーサイト
名づけ親への道 | 20:09:27 | コメント(0)
馬名総選挙2018「第三弾」開催中
ノルマンディーで、3次募集馬の馬名選挙が開催されてますね。

残念ながら3次募集馬の出資はありませんので、候補などはまったく見れておりません。

一口馬主を始めたからには、いつか選ばれたいものです。


色んな方のブログを拝見していると、今回に限らず結構馬名が採用された方がいらっしゃってびっくりします。
もちろんノルマンディーだけではなく、他のクラブもありますが採用される方は採用されるんですね。

そして、気が付いた事が一つ。

よく採用されていたり候補に残ったりされている方のブログは、


おもしろい・読みやすい・惹きつけられる!


採用された事ない方のブログがおもしろくないと言ってるわけではありません。
よく採用されている方のブログはおもしろいんです。
わしのような便所の落書きブログとは大違いなんです笑

言葉の選び方をとってもセンスがあるので、選ばれる理由の一つなのでしょう。

もちろん採用された事がない方でも、おもしろいブログはたくさんあります。


そこで最近考えているのが、言葉のセンス磨きです。
ただ、どうやって磨くのかはわからないので、こうしてなるべく記事を増やす事にしてます。
それだけでも言葉のセンスの磨き(?)になるのかな、と。

また、他人のブログを読むのも勉強になりますよね。
それも大事と思ってます。


あと気になるのが、応募の際に

応募の名前が他の岡田スタッドの名前につけてもよいか?

みたいなチェック欄があるのですが。
このボツ馬名が、他の名義馬で復活採用された話は聞かないのですが、どうなんでしょうか。
都市伝説でしょうか??

名づけ親への道 | 20:22:36 | コメント(4)
6着も見事な末脚だったカシャーサ
本日の京都1Rに出走したカシャーサ。

惜しくも2戦連続の掲示板こそ逃しましたが、直線ではしっかり伸びて6着となりました。
前走4着が決してフロックではなかったこと。
(4着でフロックも失礼か・・)

終いの脚で勝負するという、この馬のレースの形を確立させてくれて、しっかりその通りに乗ってくれました。

ちょっと渡辺先生のコメントを振り返ってみます。

◆1月26日(1月21日のレース結果12着を踏まえて)

本来もっと終いに脚を使えるはずの馬なので、今回の結果はちょっと参考外


◆4月20日

前半なるべく脚を溜めさせる内容で稽古も取り組んでおり、次は終いを生かす競馬を試みるつもりです


◆4月26日

動き自体はマズマズ。終いを伸ばす競馬を意識して、追い切りもラスト重点におこないました




先生がカシャーサにイメージしていた後方からの競馬が実を結び始めてるという事ですね。
それに応え始めたカシャーサちゃんも褒めたいです笑

今回優先権が取れなかったので、一息入るでしょう。

次走も同じような条件を視野にするとは思いますが4月13日のコメントには以下にようにあります。

芝をもう一回使いたい気持ちはあるものの、左前の繋ぎがやや立ち気味で硬さもある馬ですので、次走もダートの短い距離を本線に番組選択していくつもりです


先生は、芝でも試したい気持ちがあるのでしょう。
カシャーサの状態によっては芝もないことはないのかもしれません。


北海道になるのか。
小倉あたりの復帰になるのか。
交流競走への出走か。

今日は勝ち馬とは0.4秒差の結果だったので、次がもっと楽しみ!
渡辺先生、期待しております!

カシャーサ | 20:28:33 | コメント(0)
ダービーの馬券
今年もこれまで馬券成績は、ひどいもんです。

馬券成績とノルマンディーの3歳世代成績を比較したら、わしの方が悪いかもしれません笑


明日はダービー。
残念ながら出資馬の出走はありませんが、その快挙はいずれ近い未来に。



ブログタイトルで「馬券下手」と謳ってるわしの馬券を。

つい今しがた購入したてのホヤホヤ馬券です。

2018ダービー馬連



2018ダービー三連複





穴候補にはオウケンムーンを入れました。
父はマイナー種牡馬(オウケンブルースリ)ですからね。

オーナーの気持ちを考えたら応援したくなります。
ここを勝つようならば種牡馬入りも見えてくるでしょう。
そうなればトニービンの血が伸びる事になります。


ここ4年、共同通信杯の勝ち馬のダービー成績は


イスラボニータ2着

リアルスティール4着

ディーマジェスティ3着

スワーヴリチャード2着


勝ち馬こそ出ておりませんが、繋がりがあるレースとなっております。
という事で本年勝ち馬のオウケンムーンを入れてみたのです。


まぁ外れるでしょうね^-^

独り言 | 20:26:45 | コメント(0)
嫌な予キャンディソング
出資馬キャンディソングについて。

次走予定では確か「函館開催~」となっておりました・・





本日更新された次走予定では「6月30日~中京開催」と変更になりました。
函館ならば、その後に札幌開催来るのかな!?
と、期待をしておりましたが、ちょっと雲行きが怪しいです。

その雲行きは、使うレースでも嫌な予キャン(でぃそんぐ)がしてきました。

個人的には、函館の芝1200mを使わないかと楽しみにしてました。
(多分、芝で走るのをみたい方の方が多いのでは??)


しかし、予定されている6月30日~の中京開催の番組をみてみると

平成30年第三回中京開催3歳未勝利




(ちょっと全体見れないかな)

この4週の開催の中で、芝1200mは7月22日の1レースのみ・・

逆にダート1200mは毎週組まれております。


この感じからすると、次走もダート1200mな予感が・・


今回の次走予定は、何かの間違いであってほしいですが・・・

キャンディソング | 19:40:48 | コメント(2)
初勝利目指せカシャーサ
日曜の京都のレース「3歳未勝利 ダート1200m」カシャーサの出走が確定!
前走がまぐれの4着ではない事を示していただきたい。


16頭のフルゲートとなりましたが、正直「展開には恵まれないのでは!?」というメンツになりました。
というのも、短距離ながら何がなんでも逃げたいであろう馬が少ない印象です。

前走で唯一逃げてるのがビッグボス
なんと、今回のレースで18戦目となるベテランホース。
良くいえばタフな馬、悪くいえば勝ち上がれない馬。

ただ2着が2回、3着も2回とあるようにいつ勝ち上がっても不思議ではありません。
そんな前走も勝ち馬とは0.1秒差の3着でした。
ちなみにその時の勝ち馬は、ノルマンディーのファントムメナス


ヴァンフレ
デビューとなった未勝利戦では勝ち馬とは0.8秒差の6着。
前進がありそうです。
今回は、8分の1という抽選をくぐり抜けてきた強運馬でもあります。


スマートギャツビー
これまで8戦して二桁着順がないのは立派です。
父は産駒数が多くないスマートロビンというレアホース。
その父は、現在トルコで種牡馬生活を送っているそうです。


ミキノトムトム
これまで3戦して3着・3着・3着。
フィーバーです。
鞍乗は田名勝こと、田中勝春Jです。
そんな田中勝春Jは、土曜日が1鞍、日曜が4鞍。
若かったカッチーもアラフィフです。そりゃ乗り鞍も少なくなります。


他にも強いライバルはたくさんおりますが、割愛。
早くなりそうにない流れの中で、直線にかける競馬でどれくらい伸びてこられるか。
脚質は、もう決まった馬なので追い込みありきで松若君に託すのみ。

いきなり勝利を期待するのは酷ですが、見せ場は期待させてもらいます。
甘めに結果を見積もって・・

個人的期待度
★★★☆☆(掲示板期待)

カシャーサ | 20:19:41 | コメント(0)
ノルマンディー、トレーニングセール結果
本日は札幌競馬場にてトレーニングセールがありました。
2歳馬最後のセリですか。

残り物には福がある!

という事で、気になる馬の結果と、ノルマンディーの落札をチェック。

■昨日ご紹介した個人的注目馬。

クィーンズトレイルの16
560万円で落札されました。


ピサノアリュメールの16
こちらは残念ながら主取り。


ユーアーマインの16
こちらも残念ながら主取り。



■注目のノルマンディー4次募集であるかもしれない落札馬。
今日は2頭落札されたようです。


ウエスタンデンコーの16
ヘニーヒューズ産駒の牝馬。

800万で声がかからず、再上場で600万で落札されました。
(さすがノルマンディー)
個人的には、それほど好きな感じはしません。


オンワードファニーの16
スウェプトオーヴァーボード産駒の牡馬。

こちらは500万で落札。
この時期の落札なので、募集されるとしてもそれほど上乗せはないでしょう。(と、信じたい)


落札ではないところでいうと、岡田スタッドで主取りとなったのは

オフショアの16
取り引きがなければ、売れ残り馬としてくる??

どうでしょう。


昨年は4次募集の発表が、6月下旬だったようです。
今年もそれくらいとなれば、あと1か月あります。

何かサプライズで来て欲しいですが、時期が時期だけに期待せずに待ってます。

独り言 | 20:39:22 | コメント(0)
週末の気になる馬の競争結果と明日のセリ市
19日、20日は出資馬に出走がありませんでした。

オークスもアーモンドアイの強さが際立ったレースでした。
いつかあんな馬に巡りあいたい。出資者の方々、本当におめでとうございます。

気になった馬、というか出資馬の兄弟馬が出走しておりました。
これは気になるという事で結果を振り返ります。

19日 京都10R
シドニートロフィー 4歳上1600万下(ダート1200m)
スズカグラーテ

勝ち馬とはタイム差無しのクビ差の2着でした。
降級前、最後の1戦だったと思います。
勝てればまた今後の出走レースは違ったとは思いますが、2着でもよく稼いでおります。
昨年は4月から休んで、9月の札幌500万下(D1000m)で復帰して初めて古馬相手の4着でした。

そんなスズカグラーテの全弟は出資馬クグロフです。
先週の金曜に武英智厩舎に入厩したようです。

先生のコメント抜粋
「まずは頭の中をフラットにして距離適性などを掴みたいと考え、さっそく今週末からビシビシ鍛えていきたいと思います。
1回函館開催(6/16~)を目標に、来月上旬には函館競馬場に移動させる予定です。」

使う距離に言及はしませんでしたが、フラットに考えるとの事でこれから適正を探っていくのでしょう。
函館ダートは、1000mと1700mに限られます。
1000mといえど、クグロフのようなどっちつかずの馬も出走しますしメンバー薄ければチャンス大だと思っております。

昨年のブラックヘルトのように門別の交流競走も当然視野に入ってくるでしょうし。
夏開催という事でタイムリミットが迫ってきている感じがしてきましたが、期待値も上がってきました。



19日 東京9R
カーネーションカップ 3歳牝500万下(芝1800m)
シャドウアイランド

こちらはあまり良いところなしの10着でした。
ただ、2月の500万下で2着があるように、決して力負けではないでしょう。
勝ち上がった時は、オークスも間に合うのでは!?と期待しました。
が、残念ながら同じ週のカーネーションカップという結果になりました。

そんなシャドウアイランドの全妹は出資馬ミスティネイルです。
4月上旬に外傷を負ってしまったため、調整は少し遅れております。
まだ脱北できずにおりますが、急ぐ旅路ではありませんのでしっかり調整してもらいたいです。

現状から夏競馬でのデビューはないと思いますので年内の秋競馬でデビューできれば良いかと考えております。
そして姉が出れなかったオークスに出れれば最高ですね。
いや、勝てれば最高ですね(欲張り)


22日には2歳馬最後のセリがあります。
懲りずに個人的注目馬を。
と思ったのですが、個人的注目生産者を!

先ほどのミスティネイルは田中勝春さん・・じゃなくて前川勝春さんの生産馬です。
この前川勝春さんの生産馬が明日3頭出ます。


クィーンズトレイルの16(父ロードカナロア)
今をときめくロードカナロア産駒です。

母系はたどればシンコウラブリイを筆頭に活躍馬がゴロゴロ出てきます。
マキバオーには、この馬がモデルだろうと思われる馬名「チ〇コウブラリイ」が出てきたような記憶が・・
確かにブラブラしてますが笑


ピサノアリュメールの16(父ケープブランコ)
父は「日本に合うの?」というケープブランコです。

こちらも母系をたどればフジキセキを筆頭に活躍馬がたくさん出ます。
ノルマンディーでケープブランコ産駒っていましたっけ?
いなければ1号にどうでしょうかね。


ユーアーマインの16(父ハービンジャー)
父ハービンジャー、母父ディープインパクトは春の牡馬クラシックにも出走したケイティクレバーと同配合。

3代母のメジロマーリンは名牝メジロラモーヌの全妹。
ほじくれば馬名にメジロが付いたお馬さんが目白押し!

・・・

古くからの競馬ファンにはたまらない血統ではないでしょうか。
また最近のハービンジャーは調子が良いですからね。


明日のセリ市に出る前川勝春さんの生産馬は以上3頭です。
ノルマンディーさん、期待しております!出資しますよ笑

明日のセリには関係ないですが、他に前川さんの生産馬を見ると、わたくし好みの繁殖馬が多数いるようです。
ちょっと調べただけで前川勝春さんのファンになりそうです。

今後のご活躍を見守りたいと思います。

ミスティネイル | 20:29:14 | コメント(0)
20年前の騎手と今の騎手
約20年前、わしが競馬を覚え始めた頃である。
何で覚えたかというと、当時多分流行していたダービースタリオン(PS)である。

時々、当ブログにて橋本広喜騎手が好きだったと出てくるが、完全にダビスタの影響です。
気が付いたら乗ってくれる橋野戸という架空の騎手がいたので、よく乗ってもらっておりました。
競馬に詳しい友人に聞いて、モデルが橋本広騎手という事で応援していたような気がします。

ダビスタの騎手は色々すったもんだがあって架空の名前で登場しておりました。

20年前の架空で登場した騎手が、現在どれくらい残っているのでしょう。
攻略サイトで調べて、Cランク以上に設定されている騎手を調べてみました。


(  )内はモデルであろう騎手名(わし調べ)で赤字は引退


関東

小田部(岡部)
的庭(的場)

横乗(横山典)
吉臣(柴田善)
田名勝(田中勝)
海老正(蛯名)
中縦(中舘)
橋野戸(橋本広)
加登(加藤)

江戸(江田照)
良田(吉田豊)
板井(坂井)
大咲(大崎)



関西

滝登(武豊)
南見(南井)
河打(河内)
不二田(藤田)
松三木(松永幹)
田茨(田原)
津野田(角田)
騎士(岸)
村元(村本)
四井(四位)
鉄造(佐藤哲)
福長(福永)



関東は、当時でも上位だった騎手が、まだまだ現役で残ってます。
横山典50歳
柴田善臣52歳
田中勝47歳
蛯名正義49歳
江田照46歳
吉田豊43歳

武豊49歳
四位46歳
福永42歳


20年前なら50歳前後の騎手は、失礼ながらヨレヨレに感じてました。
人数もそんなに多くなかったのではないでしょうか。
騎手が高齢化したのか、世代交代がうまくいってないのか、騎手年齢が伸びたのか。

若手騎手が育たないと言われますが、こう見ると確かにそう感じてしまいます。
地方からの転入や外国騎手の活躍と、様変わりしてしまいました。

自分の中では、競馬を始めたころから今まで武豊騎手・横山典騎手・蛯名騎手などがトップ騎手におります。
このダビスタ残党(言い方が失礼)騎手が、引退するとき。
自分の中で競馬の時代が動くのかな。

引退する前に、出資馬に乗って是非勝って欲しいです。

独り言 | 20:49:44 | コメント(0)
晩成牝馬で馬券を購入?
今日は、馬券を当てて気持ちを切り替えたかったのですが、いつものごとく外れでした。
テレビを見ていると、細江さんは好調のようでヴィクトリアマイルを当ててましたね。

昨日のBS11競馬でも細江さんは的中してた気がします。
もう自分の予想で買うよりも細江さんに乗っかった方が良い気がしてきました。
細江さんは年を重ねるごとに綺麗になっていってませんかね。
馬に例えるならば晩成の牝馬ですよ。
クィーンスプマンテあたりか?笑


バレット君つながりの話ですが、バレット君が2戦目となった福寿草特別。
このレースは3着で、勝ったのはサトノリュウガ。
そのサトノリュウガは、ここ2戦は1000万下で連続2着と、これからの活躍が期待される馬でした。
本日の京都9Rに出走していたのですが、競争中止で予後不良となりました。

福寿草特別の時の借りは、いずれオープンで当たった時に返すと思っていたのですが、それが叶わなくなりました。
サトノリュウガ号、安らかにお眠りください。



出資馬の近況

ブラックヘルト
3月下旬から引き運動にとどまっております。
悪化することなく、近々ウォーキングマシンに移れそうです。
まずは一歩進めそうなので一安心の近況報告。



カシャーサ
次走は27日のレースに、前走と同じ松若君で向かう予定となりました。
当日は2場開催とはいえ、裏でダービーがあります。
デムーロ騎手やルメール騎手にやられる事はなさそうです笑



クグロフ
臨時更新でもなく、普通の近況更新にて転厩が発表されました。
伊藤圭三先生という事も出資理由の一つだったので結構驚きました。
が、翌日のバレットショックで、こちらは吹き飛びました笑

転厩先となる武英智厩舎は、今春開業されたばかり。
先週まで未勝利でしたが、土曜日に初勝利を挙げております。
開業間もない厩舎という事で、クグロフ君が活躍して看板馬になってもらいたいですね。


ヴォルパンテール
松風馬事センターさんで、無事に調整しているようです。
コメント抜粋
「ロンジング運動がいいきっかけになって、動きそのものが変わってきた印象。
放牧中にマイナーチェンジできるように努めていきます。」

進化したネオヴォルパンテールとして帰ってこれそうです笑


キャンディソング
こちらは函館開催へ向けて調整なので、じっくり時間をかけて調整しているようです。
この時期にしても、心身ともに課題があるようです。
ここで一皮向けてくれたら、自ずと結果が出てくれるでしょう。



フェアリースキップ
こちらは小野町にて坂路18秒での調整中。
このペースでいけば8~9月でのデビューになるでしょうか!?
ただ、残口152口あります。
クラブが少しでも売るためにと、入厩を遅らせるような事はしないでください。(そんな事ないと思いますが)

最終的に残口100くらいまでいくのかなぁ。
こうゆう残口ある馬が走ったりするので、お財布に余裕ある方は追加で一口いかがでしょうか。

独り言 | 19:44:49 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad