FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

出資2歳馬 2頭ゲート試験合格
久々にブログを書きます。
プライベートでちょっと色々あって、空き時間はDIYに打ち込みたいと考えております。
もちろん競馬もチェックしていきますが、出資馬のレース予定がないだけに、他の楽しみも必要ですね。

今週、出資2歳馬が2頭ゲート試験に合格してくれました。
ヴォルパンテールとクグロフ。

わしの2歳デビューは、この調子ならばどちらかになりそうです。
ノルマンディー2歳馬も、まだ結果が出ておりません。
出資馬がその先陣をきって勢い付けて欲しいと願っております。

クグロフの近況では、性格が素直とのコメントがありました。
気性に問題があるよりも、やはり気性が良い方がやはり嬉しいもんです。

そんなクグロフの出資理由の一つとして、過去に応援していた騎手が調教助手をしているのも理由の一つとしてあります。
その元騎手「橋本広喜」さんはブログを週一で更新されております。
最新の更新では、クグロフの写真も出ておりました!!
出資者の方で、まだご覧になっていない方は是非ともご覧ください。

「橋本広喜」でご検索いただくと、「ホースマンDays」というブログが見つかるはずです。

直リンクの仕方がわからないのと、してもいいのかわからないのでしてませんw
クグロフの出資者の方は、今後もご注目ください。


スポンサーサイト
クグロフ | 20:45:33 | コメント(0)
ノルマンディー公式SNSの情報チェック
ノルマンディーさんではホームページはもちろん、ブログ・Twitter・フェイスブックを活用して情報を発信しております。

なぜ、こんな当たり前の事を書くのかと申しますと、わしがこれまでノルマンディー会員になっていて1年以上たちますが、
この中で情報を拾っていたのが、公式ホームページとブログだけでした。

お恥ずかしい話ですが、Twitterとフェイスブックは見た事もございませんでした。
理由は、簡単。

Twitter:若者がやるツール
フェイスブック:実名での登録に抵抗


しかし、先日ついにTwitterを登録だけしてみて、ノルマンディーさんのTwitterをフォロー?したのかしてないのかわかりませんが、見れました。
また、フェイスブックもブックマークしました(ついさっき)

そこに昨日嬉しい情報がありましたね。
そう、プラチナムバレットが順調という嬉しい情報。
近日、小野町入りですか、頼むから怪我無くお願いします。

もしかしたら今日の近況更新でもっと詳しいのが出るかもしれませんね。
(22時現在、まだ更新きてない)
目標レースとか公式からアナウンスがあればいいな。


何が言いたいかというと、わしのように「遅れている輩」がいらっしゃいましたら、怖がらずにノルマンディーのSNSをのぞいてください。
2倍3倍ノルマンディーを楽しめる事になりますぞ!!

独り言 | 22:05:15 | コメント(0)
2016年産 1次募集馬の情報がほとんど出そろいました
安室奈美恵さんが芸能活動引退時期を発表されました。
テレビでは、昔のアムラーにインタビューして、いかに残念かというコメントを放送しておりました。

こんなブログにたどり着く方はアムラーよりもトーセンラーの方が興味がおありでしょう。
もちろんわしもそのうちの一人ですw

ノルマンディーでは2016年産馬の穴埋め問題が、続々と埋まってきました。
本日も更新されておりましたね。これでほとんどの情報が出たのではないでしょうか。
気になる馬は、何頭かおります。

全頭に出資するような資金はございません。
この世代も3~4頭と予定しております。
出資資金を捻出するために、現2・3歳馬に活躍してもらわねばなりません。
まるで自転車操業出資・・・

今年の1次は、目玉といえる良血が不在な印象です。
昨年でしたらクイーンズトゥルーがそのポジションな募集馬でした。

その分、バラエティに富んだ父をそろえて、全体的には価格も思ったよりは高くありませんでした。
昨今の競馬ブームで、セリがあれだけ盛況ですからね。
ここでももっと高いかと懸念しておりましたが、総額2280万が最高値。
1000万以下も今年は多くおりました。

あとは、即満口馬がどれだけ出るでしょうか。
わしは、昨年から一次募集を体験しました。
即満口が出てネットがざわついてましたね。
恐らく今年はもっと多くの馬が満口になるでしょう。

それを見越して2次募集・3次募集馬、そしてわしの好物の(外)が来るのを待つか。
なんかすでに心理戦が始まってるような。
あとは情報を集める事と、その情報に惑わされないようにします。

今のところ、気になるのは「カグラの16」と「ジョウノファミリーの16」。
どちらの父もこれまでの出資馬の父とかぶるのが・・・

独り言 | 21:17:02 | コメント(0)
一口馬主を始めて、より競馬を楽しめるようになった
一口馬主を始めて、すでに1年以上経過しました。
始めてから、競馬の楽しみ方が変わったし、より楽しめるようになったのは間違いありません。

その変化した事を今日は書いてみたいと思います。

①他の一口馬主クラブの馬も気にするようになった
ノルマンディー一本のわしの場合は、社台系クラブ(特にCクラブとSクラブ)になぜかライバル意識が出てます。
これはわしだけでしょうか?w
同じノルマンディー一本の方で、そういう気持ちの方も中にはいるのでは??
嫌いとかではないです。「負けないぞ!」って感じです。


②2・3歳未勝利のレースが気になる
これは今の時期は3歳はスーパー未勝利という事で特に気になるのですが、それ以前の春でも夏でも気になります。
これまで2歳未勝利や3歳未勝利なんて馬券を買う事がなかったので、ちらっとしか気にしませんでした。
が、出資馬のライバルとなる馬や、他のクラブの馬がどういう感じか。
色んな見方が出てきて、馬柱がより楽しめるようになりました。


③出資馬と同じ父の馬は気になる
他の馬がどういった条件で活躍をしているのか。
うちの馬も、こういった条件でいけるのでは?と気になってしまいます。
特に(外)はサンプルも少ないだけに、ついつい結果を追ってしまいます。


今日のレースで、この3つの条件で気になったお馬さんをピックアップしてみます。


中山6R
レッドカイラス

スーパー未勝利になるのですが、これが2戦目。
8月に遅いデビューを果たすも芝で10着。
今日はダートに変わってどうか、でしたが結果は残念ながら12着。
募集総額も4,800万と、ノルマンディーだったら超高額馬になります。
デビューが遅くなった経緯などまで調べてはいないのですが、これは藤沢先生が大事に調整した結果なのでしょうか。
今後がどうなるのか、気になります。


中山7R
ラベルヴィー

こちらも同じく8月に遅いデビューをしています。
ただ、こちらはダートでデビューも結果は殿でタイムオーバー食らっています。
そして今日のレースは未勝利ではなく、格上挑戦500万下での出走になります。
芝2500mと条件も変えてきての勝負。
兄にはアルゼンチン共和国杯で3着になったヒカルカザブエがいます。

未勝利馬という事で10番人気でしたが、5着と大健闘。
直線ではしっかり伸びており、このクラスでここまで走れるのであれば、ローカルでの芝長距離で勝ち上がれそうです。
こういった使い方で結果を出してくれたら、出資者としては非常に嬉しいですし光が見えたことでしょう。
兄が光るカザブエだけに・・・


最後
阪神2R
フィールシュパース

2歳未勝利戦になります。
この馬は父がキトゥンズジョイ。
そう、MY出資馬ヴォルパンテールと同じ父になります。
そんなヴォルパンテールも出資締め切りのアナウンスが出ました。
今週末に入厩したのかな。いよいよデビューが近づいてきました。

さて、このフィールシュパースは一口クラブの馬ではないのですが、キトゥンズジョイ産駒なので気になりました。
6月に芝1800mでデビューも13着。
今回は3か月の調整を挟んで、ダート1800mでの巻き返し。
今日のレースは、道中最後方に位置するもポジションを上げていって、最後はきっちり差し切って勝ち上がりました。

キトゥンズジョイ産駒といてばダッシングブレイズ。
先週の芝の新馬勝ちをしたビリーヴの仔「ジャンダルム」とダートもイメージ自体がありませんでした。
ただ、今日結果を残してくれた事で、ヴォルパンテールのデビューがどちらになるか楽しみになりました。


他にも、同じノルマンディーの出走馬は必ずチェックしてしまいます。
今日は、昇級初戦となったホウロクダマとディライトラッシュ。
掲示板には載れませんでしたが、今後の成長次第ではこのクラスは卒業してくれそうです。

あとは、一時出資を迷ったサワヤカフェスタが明日のスーパー未勝利に出走。
こういった馬の結果も非常に気になってしまいます。

あとは天気次第ですかね。
明日は、ノルマンディー2歳馬の出資申込最終日。

これが終わると、続々と2016年産の情報が出るでしょう。
この出資に悩むのもまた、至福の時!


独り言 | 19:46:37 | コメント(0)
クオカード購入申込
クラブより、上半期重賞勝ち馬のクオカード販売のお知らせがございました。
プラチナムバレットの出資者としては買わないわけにはいきません。

とゆーことでポチっと1枚申し込み完了しました。


quo.jpg


どうせ使わないだろうから、これから増えていくであろうコレクションの1部として大切にとっておきたいと思います。
引退する頃には、10種類と言わないけども、5種類くらいプラチナムバレットの重賞クオカードがあればいいなぁ。

そんなプラチナムバレットの復帰戦も某N競馬では噂されておりました。
中日新聞杯を一つの目標にしているとか。

まだ正式な発表がないため、なんともいえませんが年内復帰を目指しているとしたら非常に嬉しいですね。

京都新聞杯勝ったんだし、中日新聞杯も勝てる?
そして次走はまさかの東京新聞杯で初の「新聞杯」三冠馬誕生!?


とは期待しておりませんが、個人的に出て欲しいレースがございます。
あくまで先走った素人の意見ですが理由とともに。

その出て欲しいレースは
日経新春杯


理由1
単純にG2なので賞金が高い
ここで賞金加算出来れば春のレース選択も必然的にワンランク上になるでしょう


理由2
京都新聞杯で結果を出しているため
同じ京都コースなので距離は200m長くなりますが期待してしまいます


理由3
レースのレベルがG2としては、ワンランク落ちるレース?
出てる馬に失礼かもしれませんが、例年G1馬が多数出てくるレースではなく、これからG1を目指す馬が出る印象です。

理由3の理由として
・ハンデ戦だから実績馬が出走しずらい(実績馬は斤量が重くなる)
・例年翌週にAJCCがある(別定戦なので実績馬は、なおさらこちらへ)
・有馬記念から中2週というローテ(実績馬は有馬を目指してくるので、ここは使ってこない)


実際に過去5年の勝ち馬を見てみると(それまでの重賞実績)
2017年 ミッキーロケット(G2 2着)
2016年 レーヴミストラル(G2 1勝)
2015年 アドマイヤデウス(重賞掲示板なし)
2014年 サトノノブレス(G1 2着)
2013年 カポーティスター(重賞掲示板なし)

また、これら5頭は全て明け4歳馬と、クラシックで善戦してきた馬がその後の活躍を目指して出走して結果を出してます。

もう、ここまで書くと全てデータ的にも有利に見えてきます。
これはもう、日経新春杯はいただきです!



と、あほの出資者の戯言でした。

本当に出走して欲しいとは思ってます。
無理して2017年有馬を目指すよりも、有馬は来年でいいです。そんな気持ちでいます。
あまりにも先のこと過ぎて鬼も笑いませんねw




一口馬主ランキング

プラチナムバレット | 21:20:25 | コメント(0)
地方転厩馬の地方初戦
3歳世代がクラブよりどんどん消えていきます。
仕方がないことですが、同期が減っていくのは寂しいですね。

サワヤカフェスタとグランティエラが今週末の未勝利を予定しているようです。
2頭とも勝ち上がりを期待してます。
(特に出資を迷ったサワヤカフェスタに注目してます)

わしの勝ち上がれなかった出資馬2頭は、ありがたいことに地方へ転厩です。

そこで過去のノルマンディー馬の転厩初戦が中央未勝利後からどれくらいで出走だったか調べてみました。


アペルトゥーラ
中央最後の未勝利(9月14日)

地方初戦(11月18日)

約2か月後に出走しておりました。
この調子でどんどんいきます。



メルドオール
9月21日

10月23日

1か月後に出走してます。



シラーグランツ
9月4日

11月4日

2か月後。



マグレブ
9月3日

11月4日

2か月後。


ミュートロギア
8月27日

9月23日

1か月後。



おおむね、1~2か月後には地方の初戦を迎えておりました。
ワンダーセトラとブラックヘルトの初戦も10月~11月にはあるでしょうか。


今週の金曜日は15日ということで、トレセン在厩馬も北海道でゆったり馬も近況報告がある日です。
特にブラックヘルトは、8月25日更新でとまっております。
今週の報告で、もしかして転厩初戦予定が出ないかと今から期待しております。

過去の傾向からいくと、早ければ今月下旬にも!?



スタッフさんは、「近況更新」に「2016年産の情報追加公開」とか加われば大忙しになりそうですね。
どっちも期待してまーす。

ワンダーセトラ | 20:42:53 | コメント(0)
キャンディソングの満口が見えてきました
先週の木曜の時点で130口と書いてあったキャンディソングですが、週末にかけて一気に売れたようです。
クラブ公式ブログでピックアップされたのも理由の一つかもしれません。

あれから4日たちますが今日現在で残口はすでに42口となっております。

現2歳馬は18日が出資締め切り日。
様子見をされている方は、締め切り前最後の近況更新であろう15日を見てからご判断されようと思ってるかもしれませんが、
この調子なら水曜~木曜で一気に減って売り切れるのではないでしょうか。
(あくまで個人の予想です)


個人の予想といえば馬券の方ですが、これはいつもながらに当たりません。
通常運転ではありますが、買えば買うだけ軍資金が減るという現象が起こっております。
なので、秋競馬が開幕した土日は馬券を買うのを我慢いたしました。
予定では、スプリンターズステークスまで我慢するつもりです。

たかが3週。

されど3週。


この「馬券購入の短期放牧」でガラリと変わればいいのですが・・・


一口馬主ランキング

キャンディソング | 20:24:54 | コメント(2)
2015年産出資馬その④「キャンディソング」
本日が2015年産を振り返る最後になります。

キャンディソングは最後に出資したお馬さん。
母親の競争時代を知る馬に出資したのは初めてになります。
かなりビビビッときたので、活躍期待してます。

今日現在、まだ満口ではございません。
ただ順調に売れているようで、先日みたときは130前後だったと思ったのですが、今見てみると残り104口。
18日の締め切りまでに、もしかすると満口となるかもしれません。
今年から一口馬主を始めようと思っている方は、2歳馬に出資する最後のチャンスなので是非ご検討ください。

本馬はまだノルマンディーファームでの調整をおこなっております。
先月の近況報告で9月中での小野町入りを目指している、との事だったので順調にいけば今月小野町入るでしょう。

7月中の近況報告でも、「秋の入厩を目指している」とあります。
調整が遅れているとかいうわけではなく、当初から秋入厩を目指しているので今のところ心配はありません。

こちらは年明けにでもデビューできたらいいです。
年明けの番組表は、まだJRAより発表がないのでデビュー予想はございません。

入厩する飯田厩舎は、ノルマンディー馬の初の預託となります。
まだ開業して数年ですので、まだ重賞勝ちはありません。
是非、キャンディソングで、重賞獲れたらと思います。


今日はノルマンディーより重大発表が2つありました。
一つは出資馬、ワンダーセトラの地方移籍。
予想通りなので問題ありません。早く園田での走りが見てみたいです。

もう一つはついにきました。
2016年産1次募集馬の発表。
去年同様、価格などは順次発表の穴埋め方式ですね。

今年は目玉と期待していたスノースタイルの2016の募集が残念ながらありませんでした。
ただ、ノルマンディーらしい配合のお馬さんがたくさんいて目移りしてしまいます。

続報を待ちながら、出資する馬を考えたいと思います。
この出資に悩むのも、一口馬主の醍醐味だと昨年知りました。
さーて、どれにしようかな~・・




一口馬主ランキング

キャンディソング | 19:53:20 | コメント(0)
2015年産出資馬その③「カシャーサ」
自身の出資馬初の牝馬となったカシャーサ。
いずれ来る「母馬出資者優先制度」にむけて慌てて選んだ感があります。

この馬は一次募集馬だったのですが、一次には後にクイーンズトゥルーと名乗るキョウエイトルースの15がいました。
当初は出資する気が満々だったのですが価格をみて即刻断念w

父はパイロですが、パイロ産駒で1億~ホースは今日現在2頭。

シゲルガガは早い時期から芝・ダート問わずに短距離で活躍。
もう1頭のワディは、オープン入りこそ遅かったものの、それまで順調に賞金を稼ぎながら出世。
こうゆう馬にも出資したいですねぇ。
こちらワディはダートの短距離での活躍。

あとはメイショウスイヅキが思い浮かびました。(現在獲得賞金は4,000万弱)
こちらは2歳時に芝短距離でオープン勝ち。
その後は結果が出せずにおりましたが、今春の1000万下への降格によって、つい先日1000万下を勝ち上がり。
このような馬の為の降級制度ですが、再来年より廃止されるとなるとどうなるのでしょう。

パイロ産駒は芝・ダート兼用の短距離というイメージがわいてます。
中にはダート中距離活躍馬もおりますが、億ホースをみると短距離傾向でしょうか。

カシャーサにも同じように芝ダート問わない活躍を期待です。
現に、昨年末の近況報告では芝での活躍も、とあります。
(ただ、この時期のコメントなのであまりあてにはなりませんが)

先月末の近況報告によると、週末には小野町行きとありましたので、今ころは小野町にいることでしょう。
9月頭に移動できましたので、順調にいってくれると年内デビューはいけると思われます。

同じ渡辺薫彦厩舎の先輩馬であるサワヤカフェスタ。
こちらのデビューまでの経過をみると

10月22日 小野町
12月17日 入厩
1月22日  除外
1月28日  デビュー

2か月小野町にいて、1か月くらいでデビューをしております。

このペースでカシャーサをあてはめると
9~10月小野町
11月 栗東
12月頭~デビュー??

目標にできそうなレースは
12月3日  中京 芝1400m
12月10日 阪神 ダート1400m(牝)
12月17日 阪神 芝1400m(牝)


今週末の近況では小野町入りしてるはずですから、それを待ちたいと思います。
それよりも待ちわびているのは、2016年産の募集馬リスト発表。

まだかなまだかな~。

カシャーサ | 21:08:34 | コメント(0)
2015年産出資馬その②「ヴォルパンテール」
本日はヴォルパンテールについて少々。

わたくしは外国産馬が好きで、前年もワンダーセトラに出資しておりました。
2014年産の外国産馬は
オルファリオン
ワンダーセトラ
ブランメジェール

と3頭もいたのに、2015年産は結果的にはヴォルパンテール1頭となりました。
しかも、決してお手頃とは言えない価格。(一口 7万2千円)
わしも当初は躊躇していたのですが、プラチナムバレットの京都新聞ご祝儀もあって出資が決まりました。
この世代の出資馬では一番期待をしております。

気が早いですが、現役引退後は繁殖入りを!
と簡単に考えておりましたが、2014年産のファンド解散馬をみると牝馬の繁殖入りも難しい事が身に染みました。
結果が出ないお馬さんたちの多くはオークション行きになっております。

この馬にはせめて3勝はしていただき繁殖入りも期待したいですが、どうなるでしょう。


さて、現在は小野町で調整を進めております。
7月8日に小野町入りして、そろそろ2か月となります。
先日更新されたノルマンディーさんのスタッフブログによれば、入厩も視野に入ってきているようです。

ちょっと早いですが、当たらないデビュー戦予想を。

ヴォルパンテールは高木登厩舎に入ります。
ノルマンディーで1つ上の先輩にあたる同じ外国産馬でもあるブランメジェール。
彼女の昨年のデビューまでを見ると

8月20日 小野町入り
10月8日 入厩
11月13日 デビュー戦

小野町では約1か月半調整。
そして入厩後、約一か月後でのデビューとなってます。

ヴォルパンテールはすでに2か月も小野町におりますので、じっくりコトコト煮込んでいるのか、それとも入厩を許可できるまでの動きではないのか。
はたまた、大幅に売れ残っているのでギリギリまで小野町で出資させるための様子見でしょうか。

思えば昨年の8月頃は
「〇△□号は入厩間近なので予定日の〇日に、出資申込を締め切ります」
というアナウンスをHP上でしょっちゅう見たような気がします。
今年あったのかな・・・満口が多いのも理由でしょうが果たして・・

入厩したら、そう時間がかからずにデビューしてくれるでしょう。
ちなみに父が同じダッシングブレイズは11月8日の2歳新馬戦(芝1600m)でデビュー。

今年の番組から混合の新馬戦を見ると
10月29日の新馬戦に
芝1400m
芝1800m

ダッシングブレイズと同じとなると
11月4日の新馬戦に
芝1600m

ダートでおろすとなると
11月11日に
ダート1600m


順調に行けば、この辺りが怪しいのでは。
ただ、この辺でデビューする馬は当然素質馬が多いので、そこで勝ち上がる事ができれば夢が膨らみます!



一口馬主ランキング

ヴォルパンテール | 21:09:19 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad