FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

土日の出走結果で2018年は終戦かな
15日、16日と出資馬が1頭ずつ出走しました。
有馬記念のプラチナムバレットの出走が叶いそうにないので、出資馬としては2018年のラストレースになったと思います。
が、もしかするともしかするので、総括は来週が終わってから笑

15日 ヴォルパンテール
障害未勝利戦
8/14着

今回で障害3戦目です。
掲示板には遠い8着となりました。

前走は、初の8着以内となる7着でしたが、4頭が競走を中止している棚ぼた的な7着。
しかし、今回は大外枠で痛恨の出遅れ!
レースは全馬14頭が完走しました。

メンバーに恵まれた感があるとはいえ、この馬にしては8着という事で前進できたといえるでしょう(大甘)
直線に入るところでは二桁着順を覚悟しましたが、意地をみせて8着です。
このような成績なので、いつファンド解散があってもおかしくないのですがもうちょっとだけ夢の続きをみていたいです。


16日 ブラックヘルト
3歳上500万下
11/13着

結果、内容ともちょっと残念な結果になってしまいました。
中央復帰2戦目という事で前進を期待してましたが、力及ばず完敗といったレースでした。

服部寿騎手コメント抜粋
「まだハミに頼って前のめりで走っているような感じ。
トモがパンとしてその辺が解消されれば、終いの粘りも違ってくると思います。」

まるで3歳未勝利馬に向けられるかのようなコメント?
もうちょっとレベルアップをしないと、このクラスでも通用しそうにありません。
馬は何がきっかけでガラっと変わるかわからないので、今はきっかけを期待してます(願望)


今週は珍しくノルマンディーの2歳馬が勝ち上がりました。
オルダージュの出資者の皆様おめでとうございます。
父はタイキシャトル、母父はキングカメハメハ

母父が同じキングカメハメハのわしの出資馬フェアリースキップは、小野町へ修行の旅へ出掛けました。
こちらもレベルアップが必要です^-^;


馬券は、秋のG1が当たった記憶がありません。
出資馬よりも、わしの予想のレベルアップの方が必要そうです(苦笑)

スポンサーサイト
ヴォルパンテール | 19:42:22 | コメント(0)
週末は恐らく、出資馬年内最後の出走か
朝一番で嫌な記事を目にしてしまいました。

スマートレイアー、有馬記念出走へ

除外対象のプラチナムバレットが出走するには、回避馬が出るのを祈るしかないのですが、東京大賞典と両にらみだったスマートレイアー姉さん陣営が有馬記念出走を表明したようです。
誠に残念ですが、出走予定馬で回避しそうな馬がいなくなってしまいました。
トラブルがない限り、全馬出走に前向きですし、補欠2番手と考えると出走は厳しいでしょう。
こうなったら、全姉スマートレイアーには弟の分まで走ってもらうしかありません。

有馬記念といえばサイン馬券。
プラチナムバレットは馬名が「プラチナの弾丸」ですからね。
来週、どこかで暗殺事件でもあってバレットが出走する事になれば穴人気しそうですが笑
ただ暗殺なんていうのは縁起でもないですね。失礼いたしました。


こうなると、来週に出走を予定してる馬がおりませんので、わしの出資馬の出走は今週が最後になりそうです。
それはすなわち、2018年を未勝利で終えるか1勝できるかの最後の戦いでもあります。

今週出走を予定しているのは、
土曜 中京のヴォルパンテール

日曜 中京のブラックヘルト

この2頭です。
どちらもよほどの事がない限り、勝利は難しいと思いますが、よほどの事が起こるのを期待するしかありません。

ヴォルパンテールは先週除外になってしまいましたが、メンバーをみると今週の出走で結果オーライの予感です。
上位人気馬を逆転するのは難しそうです。
そして入ってしまったのが大外枠!
ここは、障害3戦目という事でさらに一歩前進した姿を見せてもらいたいですね。


ブラックヘルトは日曜の若手騎手限定レース。
服部寿騎手はわしの出資馬では初めてです。
昨日の記事でクラブの事を悪くいったのですが、多分間違いないはずです)

この服部寿騎手は、地方と中央の若手騎手が集うヤングジョッキーシリーズのファイナルラウンドにも出るようです。
予選ラウンドで関西騎手4位に入り、ギリギリでファイナルへの進出を決めているようです。

その優勝騎手を予想するTCK&JRAキャンペーンのページがありました。
思わず服部寿騎手で応募してしました。
今回のブラックヘルトのレースはキャンペーンと関係ありませんが、これもご縁だ、頑張れ服部寿騎手!!


本日のクラブからの発表で、名古屋へ転厩していたキャンディソングの中央復帰が発表されました。
復帰は美浦の加藤和先生のところに正式に決定したようです。
(関西に戻るかと思いましたが、会員の声が聞こえてクラブがその声をくんだのでしょうか・・)
わしでいうと、ヴォルパンテールでお世話になっており、先生のコメントはすごく好きです笑

失礼ながら立ち位置的には、結果が出なかった馬を預かるようなポジションになってしまうのかな。
加藤先生が唯一重賞を勝たせたのがハナズゴールです。
同じ短距離路線の牝馬です。
ここでキャンディソングが活躍できれば先生の代表馬になるチャンスです。

復帰は来年の小倉を予定との事なので、首を長くして待ちたいと思います。

ヴォルパンテール | 20:09:15 | コメント(0)
ヴォルパンテール初の中央一桁着順、カシャーサ惨敗
日曜の福島障害未勝利戦。

ヴォルパンテールが障害2戦目となりました。
中央では二桁着順が指定席ですので、掲示板などは過度の期待というもの。

まずは一桁着順を!と願っておりましたが念願叶いました!
なんと7着です。
これで多分初の出走奨励金がもらえる事でしょう。
稼いでなんぼですからね。まずは小さいながらも馬主孝行をしてくれた事に感謝をしてます。

先日のブログで5頭に勝てれば8着が見える!と書きました。
勝てそうな面々も書いたのですが、勝ち馬はこの面々から出てしまいました苦笑
ショウナンバローロ号、おめでとうございます!

ただ、ヴォルパンテールは7着とはいえ、6頭に勝ったわけではないんですよね。
結果的には、このレースは4頭が競走を中止しての7着。
棚ぼた的な7着ですが、結果は結果。

ただ内容をみても、初戦は勝ち馬とは3.8秒差でしたが、今回は3.2秒差に詰めました。
詰めたという表現が的確かはわかりませんが、甘い考えで捉えさせてください。
一歩ずつ前進していけば、まずは当面の目標である掲示板が見えてくるのでは・・



本日の船橋競馬でカシャーサが転厩初戦を迎えました。
こちらもあまり良い結果ではなく、6着という結果になってしまいました。
初戦とはいえ、地方競馬での結果ですので結構厳しい結果になります。

ただ、1500mという距離・+21kgの馬体重・稍重の馬場と、敗因を探せば色々な要素もありそうです。
この1戦で見限るよりも、もう数戦見てみたいですね。
次戦を楽しみにしていたいです。

G1馬だけが競馬じゃないですからね。

ヴォルパンテール | 19:38:54 | コメント(0)
4万円台のあれ、ポチっちゃいました!
まずは土曜の新潟1Rでヴォルパンテールが無事に障害デビューを迎えました。

簡潔に書くと、見せ場とかは全くなく、上手に飛んで一緒にまわってきて10着でした。
これだけを見ると、あんまりよくない結果と思うかもしれませんが、わしはそう思ってません。
他馬の障害デビュー戦を見ると、二桁着順はざらで時間をかけて勝ち上がっていく馬も多数います。

なんせ平地未勝利戦と違ってタイムリミットがないのはいいですね笑

このレースで勝ち上がったクリノヴェルサイユですが、戦績を見るとなかなかの苦労人です。
父はディープインパクトで母はサマニベッピン
父を見てわかる通りなかなかの血統馬です。
(このサマニベッピンはギャロップレーサーでよく乗ってたなぁ)

芝の中距離路線で未勝利脱出を狙うも、一度も掲示板に乗ることなく3歳秋には地方転厩。
3歳の9月26日に、すぐに地方デビューするも5着。
ここから何度走っても勝てないレースが続きます。
ようやく初勝利をあげたのは転厩後9戦目でした。
使って力をつけたのか、次のレースも勝利して連勝を飾りました。

この10戦目となったレースが3歳秋の12月25日。
なんと3か月という短い間に10戦をしていたのです。
連闘はもちろんありますが、7戦目と8戦目の間隔は中4日!!
和泉元彌もびっくりのハードなスケジュールを組まれております(ソロリソロリ)

中央に戻っても、平地ではやはり力及ばすで障害転向を迎えたようです。
6着→競走中止→3着→2着→1着
と、ここは障害5戦目で見事な中央初勝利。


他馬の話が長くなりました。
要約をすると、障害馬は長い目で見守っていきたいという事です。
頑張れヴォルパンテール!


さて、土曜の競馬ではもう1つ大きな事件がありました。
我らが山田ジョッキーがやっちまいました!!
距離誤認による騎乗停止処分。

2018年8月25日の記事でも書いたようにこっそり応援していただけにびっくりしました。
この出来事は一応前代未聞の出来事として報じられています。

なぜ一応なのか。
往年の競馬ファンならあるジョッキーを思い出したのではないでしょうか。
2017年5月17日の記事など、わしのブログでは何度か書いているように、わしは昔橋本広騎手を応援していました。
この橋本騎手は、昔ステイヤーズSで1周間違ったと言われております。
馬に気合いを入れたという理由で制裁逃れに成功したとか書かれてますが真相はどうなのでしょうか笑

昔応援していた騎手がやらかしていて、最近応援していた山田君がやらかしまいた。
もしかしたら、わしのせいかもしれません。山田騎手ごめんなさい。

2018年10月13日サンスポの記事によると、過去には2012年に英国でミルコデムーロという騎手もやらかしているようです。
山田君!落ち込まないで復帰待ってます。


気が付いたら、1歳馬の先行募集も始まっています。
よくよく考えて出資を検討しておりますよ。

というか、今朝4万円台のですがポチってしまいました。
かなり迷って迷ったのですが勢いでやっちまいました。

どうなるかわかりませんが、活躍を楽しみにしております。


ps4.jpg



ポチったのは、これです。
広告ではございません笑

このPS4のPROというのが、先日値下げされたというのを見て「このタイミングだ!」と買ってしまいました。


やばい・・1歳馬先行募集の資金どうしましょう・・・
秋華賞は、当然アーモンドアイなんて買ってないので不的中でした・・

ヴォルパンテール | 19:33:19 | コメント(0)
ヴォルパンテール障害デビュー戦
明日はいよいよ、ヴォルパンテールの障害デビューとなります。
出資馬初の障害という事もあって、なぜか緊張感があります。

障害は馬の転倒や落馬がつきものですからね。
まずは人馬ともに無事で回ってくるのが第一でしょう。

明日のデビュー戦ですが、14頭のフルゲートとなってしまいました。
同日に行われる障害未勝利戦もフルゲートで、そちらは1頭除外されております。

ここ2週は障害戦の馬柱を見ていたのですが
9月29日 中山 9頭立て
10月2日 阪神 6頭立て

10月6日 東京 12頭立て
10月8日 京都 11頭立て


この流れから、新潟秋初日もフルゲート割れを期待していたのですが、ここを目標にしている馬が多かったのでしょうか。
残念ながらフルゲートという事で、ヴォルパンテールの中央初の一桁着順をとるにはライバルが多い気がしてます笑
14頭中8頭が初障害戦となりました。
8頭のうち3頭がヴォルパンテール同様に3歳平地未勝利馬です。
(この辺がライバルかな)

障害初戦を迎える中には、半年以上の休み明けとはいえ、1600万下に在籍していたウインブルーローズ
今夏の降級前は1600万下に在籍していたエスティーム
両馬ともに芝の中長距離で活躍をしていたので、飛越がうまければ平地での脚は一枚も二枚も上手でしょう。

ベテラン組では障害戦で馬券に絡んだ事がある馬も3頭もいます。

障害デビュー戦としてはちょっと難しいメンバーになったのかもしれません。
(こう言っておく事で大敗した時の言い訳になるのです)

12番枠に入ったので、最初は外目でしょうか。
まずはごちゃつかないで、自分の流れで走っていただきたい。

これを書いている19:30現在で、単勝が1番人気になっているのがまだまだ売れてない時間帯とはいえ不思議です。
出資者の方で大勝負に出た方がいらっしゃるのでしょうか。
個人的には、先週の馬券怪我があるのでヴォルパンテールの応援馬券は控えるつもりです笑

お金はかけませんが、心はしっかり応援してます。

踏み切ってジャンプだ!ヴォルパンテール


ヴォルパンテール | 19:33:27 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad