FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

現在出資を迷っている6頭
本日、ノルマンディーより1回目の出資状況中間発表がありました。

血統、価格から恐らく1番人気になるだろうと思っていたオメガフレグランスの17は、既に唯一の100%超。
一口価格が6万円を超えるミネルバサウンドの17も50%超!
(みんなお金持ってるんだなぁ)

貧乏一口馬主のわしは、お財布とも相談しながらまだまだ検討中。
そんなわしのような優柔不断の人もいらっしゃるでしょうから、それでいて50%超えた馬は抽選確実ラインでしょうか!?


現在、出資候補に入っている馬についての独り言

オメガフレグランスの17
半兄オメガパフュームが重賞勝ちする前に値付けされたので、この驚きの安さなのでしょう。
この母の仔をこんな価格で出資できるのは最初で最後かもしれませんね。

6月生まれというのは少し気になりましたが、ノルマンディーなので勝てなければ地方が待ってるのでしょう。
ただ、アイルハヴアナザー産駒をどう見るかでしょうね。
個人的には、失敗種牡馬の位置付けと考えているので、そこがポイントになります。


ハッピーダイアリーの17
こちらは逆に、これから活躍が期待できるハービンジャー産駒。
恐らくノルマンディー初のハービンジャー産駒なのもあって人気してますね。

母がダート短距離活躍馬、そこにハービンジャー、それがどう出るでしょう。
去年の産駒の活躍から、ハービンジャー=京都のイメージがありますが、本馬の予定では関東入厩でした。


ペッシュドールの17
セリで購入された時から気になっておりました。
祖母ゴールデンサッシュというのは、とても魅力的ですね。

近親の活躍馬を見ると
ステイゴールド」「ドリームパスポート」「フロンティア」「ショウナンパンドラ」「レクレドール」「ベルーフ
芝での重賞活躍馬がズラリと並んでますが、共通点が血統にサンデーサイレンスを含んでいる事
サンデーサイレンスゴールデンサッシュの融合が活躍の条件であれば、本馬にサンデーの血がない事をどう見るか。



キョウエイハツラツの17
こちらの父は乗りに乗っているジャスタウェイ号。
半兄リッカルド号が重賞馬と、母の魅力は非常に大きなものがあります。

活躍した叔父スマートファルコン号と叔父ワールドクリーク号、そしてリッカルド号ともにダートでの活躍馬。
ダートの母系にジャスタウェイ号の配合でどうでるか。
ちなみにワールドクリーク号の父はマジックミラー号というんですね。初めて知りました。
※この馬の項目だけ、馬名にが付いておりますが、深い意味は全くございません。


デアリングバードの17
先日まで決めていたが、結局迷いに迷ってしまっている。
そして、今日の発表からも抽選必至でしょうね。

父父のシンボリクリスエスは、活躍馬に牡馬多し。
今日現在のボリクリ産駒獲得賞金上位20頭中18頭が牡馬。2頭がセン馬。
母父キングカメハメハも、同様で上位20頭中18頭が牡馬で残り2頭が牝馬。
牝に出たこの仔をどうジャッジしましょうか。



マルデデルマの17
クロフネ産駒に菊沢厩舎というコンビは、現3歳馬のシークエルを連想して印象が良い。
(外)好きにさせられた原因の1頭であるクロフネ産駒に出資できるチャンスも、残りわずかでしょうか。

血統表を見て、活躍馬で出ているのがアンバーシャダイサクラバクシンオーというのが、言い方が悪いですが時代が古い?



ど素人の独り言は、この辺で。

長々と書いてますが、今は出資の検討よりも土曜日に出て行った愛猫が今日までまだ戻ってきてません。
それがもう心配で心配で気持ちは出資どころでは・・・

スポンサーサイト
出資検討 | 20:00:43 | コメント(0)
2017年産、1次募集馬の出資を検討中(ですが・・)
1歳馬の先行募集期間は、もう始まっております。
が、わしはまだ決めかねております。

つい数日前までは出資する馬を決めていたつもりでしたが、悩めば悩むほどわからなくなってしまいスタートに戻された感じです。
その決めていた馬はデアリングバードの17なのですが・・・

まず考える前に、前3世代の出資馬を整理してみました。
この整理によって、出資決断が揺らぐ事になったのです。


初年度となった現4歳世代。
3頭出資したのですが、初めてという事もあり勢いで決めてしまいました。
この世代は結果的に
牡馬3頭
牝馬0頭

と、偏る事になったのです。
この偏りに気が付いた2世代目。現3歳馬世代。
牝馬を重点的にいこう、と思った結果が
牡馬1頭
牝馬3頭

この2世代目でバランスを取った結果、次の世代は何も考えずにフラットな気持ちでの出資となりました。
3代目となった現2歳世代。
牡馬0頭
牝馬3頭

なんと、初年度で犯したミスを再度やらかすこの偏り具合笑
しかも今度は逆に偏る。


トータルでいえば
牡馬4頭
牝馬6頭


ですが、牡馬のクグロフ君がファンドを解散してしまったため、現役馬が

牡馬3頭

牝馬6頭



牝馬のダブルスコアになっておりました。
ここまではいいんです。
たまたま偏ってしまったんだ、くらいでした。

せっかくなので牡馬と牝馬の成績をトータルして比較してみました。
成績は中央在籍時のもののみをトータル

牡馬
3-7-4-3-1-19

唯一の勝ち馬プラチナムバレット君の3勝は輝いております。
未勝利に終わってしまったその他の馬も健闘していて、他の3頭も複数回馬券に絡んでおります。







牝馬
0-0-0-1-3-21

調べるまで全く気が付きませんでした。
なんと出資した牝馬は勝利はもちろん馬券にすら絡んだ事がなかったのです。
問題の3歳世代の3頭が主力で、まだ2戦の2歳馬だけとはいえ、ここまでひどいとは思いませんでした。


これを知った瞬間、デアリングバードの17の出資を思いとどまって、牡馬に行く方へ気持ちが傾きました。
いや、まだ正直どちらにいこうか、どれにしようかは迷っております。

ただ、わしと同じ牝馬を出資した方してる方は、馬券にすら絡めないという事を覚悟した方が良いかもしれません笑

出資申込に関してはもうちょっと迷う時間を楽しみたいと思います。

出資検討 | 19:49:58 | コメント(0)
2016年産四次募集、受付開始
現2歳世代、最後の募集が開始されました。
頭数は4頭と多くはありませんがノルマンディーらしいラインナップです。

正直、どの馬も半分も売れないのではないかと高を括っておりました。
が、販売開始初日の午後7時現在で、すでにウエスタンデンコーの2016とマリアズダンスの2016は半分以上売れております。
これは驚きました。

わしもちょっとだけ検討したいと思います。



天使「出資してはいけません。現3歳世代の出資馬の惨状をご覧なさい。」




悪魔「いけいけ~、いつも外国産馬好きを公言してるんだろ。一番高いのいってしまえ。」



天使「その外国産馬で痛い目にあってるのはどなたですか?ワンダーセトラ、ヴォルパンテール。ともに決して当たりとはいえませんよ。」




悪魔「まだ引退したわけじゃないだろ。これから2頭ともG1勝つかもしれないんだぜ。」




天使「冷静になりなさい。それでなくても先週のプラチナムバレットの応援馬券で怪我をされたでしょう。」




悪魔「あれは応援馬券だ。外れ馬券とはまた違う。早くしないと完売してしまうぞ。」




天使「完売してしまったら、そこまでの縁だったという事です。あと3か月もすれば1歳馬の募集も始まる事でしょう。」




悪魔「1歳馬なんて、デビューするのは1年以上先になるんだぞ。外国産馬ってのは早熟のイメージだろ。すぐにデビューするさ。」




天使「ヴォルパンテールで懲りたでしょう。外国産馬の牝は番組選びが大変なのですよ。どれかが勝ち上がってからでも追加出資は遅くありませんよ。」



悪魔「ばーろー!ノルマンディーは勢いがあるんだよ。それでなくてもセレクトセールをみた人たちが出資欲を引き立てられてるんだよ!」



天使「ここは様子をみるべきですよ。」




悪魔「2歳馬で名づけ親になれる最後のチャンスだぞ。適当にシャンハイダンスとでも応募すれば採用されるぜ。」




天使「そんな簡単なわけがないでしょう。いいですか、出資は見送りなさい。」




わし「すみません、もうマリアズダンスの16に出資申込してしまいました。」




天使「!?」



悪魔「カカカカカカ!シャンハイダンスのご活躍。せいぜい祈ってるぜ!」

出資検討 | 20:11:24 | コメント(2)
2016年産、4次募集馬の発表
本日、待ちに待ったノルマンディー4次募集馬が発表されました。

正直な感想としては
「ダビスタの初期繁殖牝馬から産まれた馬の集まり」
と、いった非常に失礼になりますが大当たりがある可能性は低く感じました。

個人的な主観をざっくりと。
※あくまで個人の感想です。

オンワードファニーの16
兄姉や母の兄弟をみても、地方での活躍(?)馬がいるだけで中央で結果を残した馬がおりません。
この価格であれば、2次か3次募集馬で同価格帯のお馬さんの方が魅力的かなぁ。
そしてなによりフォーティナイナーの2×3というクロス。ダビスタだと𠮟られます。

フォーティナイナー=49er
オンワードファニーの16は49erの2×3がある。
∴走るかもしれません。

よくわかりませんが、数学の証明のような感じ^^;


ウエスタンデンコーの16
母は中央所属時に3勝してますね。

母系から血統を見渡すとそこそこ活躍している馬に牝馬が多い。
この馬も牝馬なので、そこは良いかなぁ。
個人的には、出資しない予定です。


トラックマグナの16
昨年購入されてから、1年間熟成されていたようです。
その割には育成費用を考えると、価格は上乗せされてない方でしょうか。
牝系図を見ると、見事なまでに地方での勝利馬たちばかり。
個人的には、ここも見逃しです。



マリアズダンスの16
(外)は、2年連続出資して、痛い目をみております。
ワンダーセトラヴォルパンテール
ましてや牝馬ときたもんだ。
ただ、この馬を海外で落札されたと聞いた時から注目はしておりました。

出来れば価格は2,000万前後で!と思っていたのですが、ちょい上の2,360万ときましたか。
当ブログでは、何度も触れているように、わし個人は(外)馬が好きです。
ただ、ノルマンディーの外国産馬は地雷という定説があるとかないとか。
その地雷を踏むべきか、避けるべきか。

1週間、心の中の天使と悪魔と戦います。

出資検討 | 19:50:10 | コメント(0)
2016年産 第三次募集馬の発表
9日に突然、第三次の募集馬が発表されました。

中央5頭。
地方1頭。

これまで、募集馬が発表されると、必ず出資したくなる馬がいて、ドキドキしておりました。
が、今回の募集馬ではドキドキがありません。
強いて興味が沸いた馬を上げるとすれば、クイックメールの16(父マンハッタンカフェ)です。

これは、ただ父がマンハッタンカフェだからという理由で。
今のところ、この三次募集馬には出資しない予定です。

この中から大当たり馬が出ても、これはひけないと諦めがつきます。
皐月賞とかで余程の馬券が当たらない限り、ここはスルーでしょう。
売れる売れると言われるノルマンディーですが、このラインナップでも果たして売れるのか。
見ものです。このメンツから即満口が出るようであれば、なんでも売れるような状態なんでしょう。


今日は、臨時更新で地方から出戻りを目指していたオルファリオン号のファンド解散が発表されました。
入会する時に、(外)が欲しかったので、オルファリオンに出資するか、ワンダーセトラに出資するか迷ったのを覚えております。

中央未勝利で3着した時は、勝ち上がれるだろうと思っておりました。
このファンド解散は改めて未勝利戦での着順の大切さを感じさせられました。
1着と2着だと大きな差があって、2着とシンガリでは価値としては大差がないのかな、と。

オルファリオンは一口価格が47,000円。
ワンダーセトラの一口価格は44,000円。

これくらいの価格の(外)が、また募集されれば食いつきます。

現3歳の(外)だとヴォルパンテールの72,000円。
2歳馬エルズリー(ミスルナの16)で50,000円。
両馬とも牝馬です。

オルファリオンとワンダーセトラは牡馬で、あの値段でした。
お手頃価格の外国産馬、待ってます!!


出資検討 | 20:15:55 | コメント(2)
次のページ

FC2Ad