FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ブラックヘルト、お疲れ様でした
この日が突然やってくるとは思いませんでした。

ブラックヘルトの近況更新を金曜日に確認すると、そこには驚きの二文字がありました。


引退


臨時更新でもない通常更新で、これは完全に不意を突かれました。
脚元が弱い馬でしたが、最悪の形となってしまいました。

公式より抜粋
トレセン診療所でエコー検査を行ったところ、左前脚の浅屈腱炎を発症しているとの診断が下りました。



未勝利では勝ち上がれず、セン馬となって出直した園田競馬。
ここでは力を見せてくれて、あっという間に条件3勝をしてくれました。

ただ、中央時代からの脚元への反動は治らず、使っては休養というような形でした。
なんとか中央に復帰した昨年末では、500万下ではまだまだ通用しない走り。
休養を挟んで、なんとか格好をつけられる競馬が見れたら、と思っていた矢先の引退。

ゆくゆくは、芝での走りをもう1度見たかったのですが、叶わぬ夢となりました。

戦績的には「当たり」とは言えないお馬さんでしたが、この馬に出資が出来て間違いなく良かったと思えます。
わしの一口馬主で一期生ですからね。
2番目にデビューをしたので思い出深い馬です。


ブラックヘルト号。
ありがとうございました。

スポンサーサイト
ブラックヘルト | 19:00:52 | コメント(0)
中央復帰初戦は12着
本日の福島6Rで中央復帰をしたブラックヘルトは、13番人気の12着という結果でした。
順当な結果といえば結果でしょう。
なんせ中央復帰が7か月半ぶりのレースですから。

まずは無事に戻ってきてよかったです。
脚元に不具合が生じやすい馬なので、まずは状態を見極めていただいて、次戦を決めていただきたいと思います。

結果は惨敗だったにしても、内容は次戦に向けてまずまずと前向きに捉えております。
スタートからの行き脚も通用していたし、3歳未勝利戦のときのように3コーナーでいっぱいいっぱいになるか不安でしたが、
直線入るくらいまではいい勝負してたように思いました。
2戦目3戦目と一歩ずつ前進が見たいですね。
これからのブラックヘルトに期待してます。

さて、道営競馬がやってしまいました。
着順誤認!
これは山田君の距離誤認よりも大惨事です!
しかもよりによって重賞レースでやってしまうんですから、関係者は顔面蒼白ものです。
今年の競馬界は某調教師の飲酒運転など、不祥事のオンパレードですね。
もういっちょ何かありそうな予感です・・


今回の着順誤認問題で思い出したのが、中央競馬であったスタートミス事件。
全馬がゲートに納まる前にゲートが開いてしまうという事件が97年にありました。

この場合にスタートをやり直す事をカンパイと言うんですね。
今回初めて知りました。
こんな機会滅多にないですからね。

わしが知る97年のカンパイ事件。これがJRAでは直近の事件になるようです。
なぜ、この事件を覚えているかというと、度々出てくるのですが応援していた橋本広騎手が出走していたからです。
この時に、確か逃げ馬に乗っていてゲートが開いて逃げ打ったように記憶しています。
一旦、レースが不成立になるも、先行するのに脚を使ってしまったために、疲労が著しいために除外となっています。


97年12月20日の3歳500万下のレース結果です。


さて、ノルマンディーも競争馬が全く走らないという不祥事をそろそろ解決していただきたい!
(特にわしの出資馬!)

ブラックヘルト | 19:42:49 | コメント(0)
ブラックヘルトの復帰戦とヴォルパンテール障害2戦目
ついに明日、ブラックヘルトの復帰戦を迎える事になりました。

思えば1年前。
未勝利を勝ち上がれずに、北海道行きが決まったかと思いきやの去勢。
そして園田行き。
3勝目を挙げたものの、満身創痍で復帰までに半年以上を要しました。

ようやく明日、ついに復帰です。
まずはここで勝ち負けとは難しいでしょうから、中央のこのクラスでやれる目途がたつレースを見たいですね。

土曜の福島6R
個人的には、出資馬初の若手騎手限定レースになりました。
鞍上は木幡初也騎手です。初めて乗ってもらいます。

ちなみにわしのレベルになると木幡兄弟の区別が全くつきません笑
その原因の一つは名前でしょう。
上から

初也
巧也
育也

すみません、覚えられません!
このように改名いただければ、あほなわしでも覚えれます。

兄也
真ん中也
弟也


またまたちなみに、木幡は「コ ワ タ」と読みます。
どうもコハタと読んでしまうのですが・・



日曜もヴォルパンテールの出走が決まりました。
13頭立ての障害未勝利戦。

ここで4頭に勝てれば、中央初の一桁着順が見えてきます。
どうせなら5頭に勝って8着以内を目指してもらいましょう。

出走メンバーから、なんとか上に行けるんじゃないかという相手を失礼ながら探してみました。


◆キャプテンロビン
ヴォルパンテールが障害デビューした同日の別な障害未勝利戦に出て10着だった馬。
ちなみにこちらのレースでヴォルパンテールの走破時計を当てはめると2着馬と同タイムになります!

◆ショウナンバローロ
前走は初の障害戦を6着。
ただし、勝ち馬からは6.4秒離されており、5着馬とのタイム差は3.8秒差もある。
ちなみに、ヴォルパンテールの前走10着ではあったが、勝ち馬とは3.8秒差。

◆スマートフォース
前走はヴォルパンテールと同じレースに出て殿負け。
タイム差を見て驚きました。
勝ち馬との差はなんと

26.1秒差

平地では考えられないタイム差です。
途中で寝てしまったのでしょうか。
この馬には先着してもらいたいですね。


◆パブリックフレンド
この馬の前走もヴォルパンテールと同じレースです。
そしてこの馬は12着と前走では先着をしております。


この挙げた4頭+他の1頭に先着できれば8着になります!

落馬にだけは気を付けて、頑張れヴォルパンテール嬢!

ブラックヘルト | 19:49:24 | コメント(0)
ブラックヘルトの復帰が待ち遠しい
中央復帰要件を満たして、ぼちぼち復帰が見えてきたブラックヘルト
3月20日に出走してから、今日でちょうど5か月目となりました。

現在は、松風馬事センターにて調整しております。
馬体重も最近は550kgオーバーを計測しており、無事に成長しているようです。

ここ2週の近況報告では「逆算して調整」との言葉が出てきているように、怪我した箇所も回復している模様。
待ちに待った復帰戦が近づいてきました。

まだ再入厩もしていないし、正式なアナウンスもないですが復帰戦を勝手に予想。
9月は中山・阪神の2場開催という事もあって出走が混み合いそうです。
10月は、東京・京都に加えて中頃から新潟開催もあります。

早ければこの新潟開催が、復帰初戦となるのでは!?と勝手に予想。
園田でダート1700で勝ち上がった事を考えれば、ダート1800を使うのが目に見えております。
土日のレースでみると、ダート1800が(牝馬限定も含めると)毎週3~4鞍組まれております。

かと言って少頭数になる事はないでしょうが、レース選択はしやすそうです。
3週間の新潟開催があって、その後は福島開催になります。
復帰2戦目が、この福島開催になるのでは!?

ここも当然ダート1700の番組が豊富にあります。
ただ、個人的には毎週組まれている芝2600mでのレースも見てみたいです。
元々は芝でのデビュー馬ですからね。

ダートで勝ち上がった、同期のシュエットヌーベルが日曜の芝のレースで見事に3勝目をあげました。
ただ、この馬も500万下では一時期苦戦をしておりました。
それを跳ね除けての3勝目だから、すごく羨ましいですね。
こうゆう苦労をした馬が、成長をして見事にクラスを破るのですから陣営の努力がうかがえます。

ブラックヘルトも、続いて欲しい。
復帰戦、待ってます。

ブラックヘルト | 20:11:44 | コメント(0)
中央復帰先は、前所属の畠山厩舎(に、なるのかな??)
ブラックヘルトの中央復帰が正式に決定いたしました。
お世話になった飯田先生、吉村ジョッキーには感謝です。

出資馬一期生から地方出戻りという貴重な経験ができました。
一口を始める前は、正直地方をなめていたのでもっと簡単に復帰できると思っておりました。
勝って当たり前と思っておりましたが、地方で一つ勝つのも苦労がいります。

あとは、もう1頭のセトラ君もなんとかお願いいたします。
一期生の3頭のうち2頭が飯田先生とは、なにか縁がある気がします。
現3歳馬もいずれお世話になるような予感が・・


そのブラックヘルトの中央復帰戦は、ちょっと時間がかかりそうです。
公式コメントより抜粋
レース後に右前の球節に腫れと熱感が確認されたことから、今後は美浦近郊の松風馬事センターで回復を促しながら調整を進めることになりました。早ければ週明けにも移動の予定です。

名誉の負傷といったところでしょうか。
これが卒業となった3勝目であったのは不幸中の幸いでしょう。
一旦リセットして、出直しできそうです。

思えば、昨年の中央から地方の際も同じところを痛めております。
2017年9月15日 公式コメントより抜粋
先月23日に入場後、右前球節部付近に心持ち腫れと熱感がありましたが、歩様自体に影響はなく、アイシングと抗生物質の投与でここまで様子を見てきました。三週間が経過してだいぶ患部はスッキリしてきたものの、まだ騎乗運動再開までは控える判断とし、もう一週間は同メニューの調整を行う予定です。


昨年8月23日に症状発症
↓(5か月後)
翌年1月24日地方デビュー戦


単純に今回のを同じ期間をあてると、8月下旬。
症状が軽くてもこれくらいかな。更に強くなって帰ってきてもらいたい。

復帰は畠山厩舎と発表がありましたが、これは入厩するまでなんともいえないかな。
というのも、ブラックヘルトは過去2度変更があったので
初入厩時

土田厩舎入るよ
からの
やっぱり畠山厩舎だよ


地方移籍時

ホッカイドウ競馬から出直すよ
からの
ちょっと痛めたとこ時間かかるから園田競馬だよ


今回は果たしてどうなるか。




今日の気になったレース。
ミモザ賞:シャドウアイランド(5着)
出資馬ミスティネイルの全姉シャドウアイランドが出走しました。
結果は残念ながら5着。
オークスを目指していくのか注目です。


春風ステークス:スズカグラーテ(3着)
クグロフ君の全姉です。
明日クグロフ君が出るのと同じ中山ダート1200m
見事に3着になりました。クグロフ君も明日頑張ってくれ。


日経賞:ガンコ(1着)
出資馬とは全く関係ございませんが、見事な勝利。
昨年10月にはダート1800mの1000万下で15着
11月には同上で12着。
そこから芝の長距離に矛先を変えての活躍。
昨秋時点では、誰がこのガンコが日経賞を勝つなんて予想できたでしょう笑

ブラックヘルトもデビューは芝ながらダートに矛先を変えて、なんとか復帰となりました。
ガンコを見ると、ブラックヘルトもいずれ芝レースを走ってアッと言わせる事がないとはいえません。

復帰、楽しみにしております!

ブラックヘルト | 19:35:14 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad