■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

先週末の競馬・今週末の競馬
先週の競馬

出資馬クグロフが出走しました。
結果は良いところなくシンガリ負けの14着。

スタートが良くなかった・初の1700mとはいえ、もうちょっと格好つけて欲しかったというのが正直なところ。
今回の収穫は2点。
・1700mは明らかに長かった
・現状では余程の事がない限り勝ち上がれない

厳しい収穫ですが、非常に大事な点です。
現在函館にいる事。
時間がない事。

これらを考えると
門別での交流競走に向かうか、このまま北海道シリーズのD1000mが目標になるでしょうか。
あと1~3戦しかないと思いますが、可能性が0ではないのは間違いありません。

ワールドカップで例えると、予選最後の試合で強国相手に5点差で勝つしかないような状況でしょうか。



宝塚記念
ミッキーロケットが初めてG1を勝った。
というよりも、和田騎手が久々のG1を勝ったというインパクトの方が強すぎました。
久々に感動させられるレースでした。
おめでとうございます。

今回の和田騎手の勝利で思った事。
・和田騎手、もう40代だったのか。見た目が若々しい。

もっと若く見える・・というか昔から老け込んでいないような感じです。
オペラオーに乗っていた時と比べて、見た目変わってないのでは?笑


今週末の競馬
明日から土曜夜まで帰宅が出来ないので、想定も出ておりませんが今週出走予定馬を。

カシャーサ
交流競走と今週末のレースの両にらみでしたが、中京のレース一本になってました。
残念ながら交流競走は選出されなかったのでしょうか。

この中京のレース。
出資馬のキャンディソングも予定しております。


現状で、3歳出資馬で勝ち上がれるのはどちらかかと思っております。
4頭とも勝ち上がりが理想ですが、この状態だと1頭でも御の字です。

キャンディソングはダート適正に、まだ疑問符がつきます。
対してカシャーサは追い込みの型にはめたレースで結果を出せるようになっております。

1着同着が理想ですが、それはないのがわかっております。
出走できるかどうかも、現時点で未定ですがどちらかがやってくれるのではと信じております。

勝利も必要ですが、どちらかでも5着以内で次走優先権をゲット出来れば良いです。


明日の想定、明後日の出走確定は出先でのチェックになります。

スポンサーサイト
カシャーサ | 19:56:30 | コメント(0)
6着も見事な末脚だったカシャーサ
本日の京都1Rに出走したカシャーサ。

惜しくも2戦連続の掲示板こそ逃しましたが、直線ではしっかり伸びて6着となりました。
前走4着が決してフロックではなかったこと。
(4着でフロックも失礼か・・)

終いの脚で勝負するという、この馬のレースの形を確立させてくれて、しっかりその通りに乗ってくれました。

ちょっと渡辺先生のコメントを振り返ってみます。

◆1月26日(1月21日のレース結果12着を踏まえて)

本来もっと終いに脚を使えるはずの馬なので、今回の結果はちょっと参考外


◆4月20日

前半なるべく脚を溜めさせる内容で稽古も取り組んでおり、次は終いを生かす競馬を試みるつもりです


◆4月26日

動き自体はマズマズ。終いを伸ばす競馬を意識して、追い切りもラスト重点におこないました




先生がカシャーサにイメージしていた後方からの競馬が実を結び始めてるという事ですね。
それに応え始めたカシャーサちゃんも褒めたいです笑

今回優先権が取れなかったので、一息入るでしょう。

次走も同じような条件を視野にするとは思いますが4月13日のコメントには以下にようにあります。

芝をもう一回使いたい気持ちはあるものの、左前の繋ぎがやや立ち気味で硬さもある馬ですので、次走もダートの短い距離を本線に番組選択していくつもりです


先生は、芝でも試したい気持ちがあるのでしょう。
カシャーサの状態によっては芝もないことはないのかもしれません。


北海道になるのか。
小倉あたりの復帰になるのか。
交流競走への出走か。

今日は勝ち馬とは0.4秒差の結果だったので、次がもっと楽しみ!
渡辺先生、期待しております!

カシャーサ | 20:28:33 | コメント(0)
初勝利目指せカシャーサ
日曜の京都のレース「3歳未勝利 ダート1200m」カシャーサの出走が確定!
前走がまぐれの4着ではない事を示していただきたい。


16頭のフルゲートとなりましたが、正直「展開には恵まれないのでは!?」というメンツになりました。
というのも、短距離ながら何がなんでも逃げたいであろう馬が少ない印象です。

前走で唯一逃げてるのがビッグボス
なんと、今回のレースで18戦目となるベテランホース。
良くいえばタフな馬、悪くいえば勝ち上がれない馬。

ただ2着が2回、3着も2回とあるようにいつ勝ち上がっても不思議ではありません。
そんな前走も勝ち馬とは0.1秒差の3着でした。
ちなみにその時の勝ち馬は、ノルマンディーのファントムメナス


ヴァンフレ
デビューとなった未勝利戦では勝ち馬とは0.8秒差の6着。
前進がありそうです。
今回は、8分の1という抽選をくぐり抜けてきた強運馬でもあります。


スマートギャツビー
これまで8戦して二桁着順がないのは立派です。
父は産駒数が多くないスマートロビンというレアホース。
その父は、現在トルコで種牡馬生活を送っているそうです。


ミキノトムトム
これまで3戦して3着・3着・3着。
フィーバーです。
鞍乗は田名勝こと、田中勝春Jです。
そんな田中勝春Jは、土曜日が1鞍、日曜が4鞍。
若かったカッチーもアラフィフです。そりゃ乗り鞍も少なくなります。


他にも強いライバルはたくさんおりますが、割愛。
早くなりそうにない流れの中で、直線にかける競馬でどれくらい伸びてこられるか。
脚質は、もう決まった馬なので追い込みありきで松若君に託すのみ。

いきなり勝利を期待するのは酷ですが、見せ場は期待させてもらいます。
甘めに結果を見積もって・・

個人的期待度
★★★☆☆(掲示板期待)

カシャーサ | 20:19:41 | コメント(0)
良い意味で予想を裏切る4着
今日は天皇賞春の馬券を買いましたが、いつも通り外れ。
悔しさから最終にも手を出して、傷口が広がるという毎度のパターン。

うーむ、無念。


今日は、2頭の出資馬が出走。

クグロフ
前走が3着だったので、掲示板くらいはと期待しておりましたが、あとひと踏ん張り聞かずに7着。
せっかく希望の大外枠に入れたのに、残念な結果となってしまいました。

吉田隼人Jのコメント抜粋
「直線も手前を替えずにずっと左手前のままという状態です。手前を替えられればもうひと踏ん張りできるでしょうし、コースも向かなかったかもしれませんね。」

これまでの左回り成績をみると
東京D1600
11着

浦和D1400
10着

距離もあるので一概に言えませんが、左回りが不得手なのかもしれません。
前向きに考えると、しっかり今日も先行出来て型通りのレースは出来てます。
仮に右回りにこだわるとすれば、今後は6月14日開幕の函館開催か6月30日開幕の福島開催??
福島はD1150がありますが、函館だと前々から先生がおっしゃっているD1700試すとかあるかもしれませんね。



カシャーサ
ここまで結果が出ていなかったので、今回も期待はしておりませんでした。
が、それを裏切ってくれる4着。
馬体に疲れがなければ、優先権行使での出走もありそうです。

内容は、先生が前々からおっしゃっていた後方からのレースを実戦できました。

思えば初ダートとなった昨年暮れのレース。
上がり最速とはいえ結果は9着。
ただ、この時の松山Jのコメントには
「直線で外に出してから凄い伸び脚でした。好位につけることが出来ていれば、入着はあったでしょうね。」


正直このコメントはリップサービス込みと思っておりました。
先生はずっと終いを活かす競馬を、と言い続けておりました。
前走は、好スタートが災いしてイメージをしていたレースが出来ませんでした。

今回は展開が向いたのもあるかもしれませんが、次に繋がるナイスレース!

京都の第三回開催の後半戦で使ってくるのでしょうか。
ただ、残念ながらここにダート短距離で牝馬限定戦が組まれておりません。
5月13日の新潟にD1200m(牝)はありますが、中1週で遠征となるので可能性は薄そう。
京都の5月19・20日または26・27日のダート1200mまたはダート1400mが本線??

上手く乗ってくれた松若君が次も乗ってくれればいいなぁ。

カシャーサ | 21:27:17 | コメント(0)
良い事を言う、松坂桃李君
土曜日、出資馬のカシャーサが出走しました。

1月以来の出走。
その時は、渡辺先生も調整ミスを認めるような発言があったため、ここは巻き返しを期待しておりました。
終いを生かす競馬をする。
ということで差し・追い込みレースなのかなと。

ただ、スタートが思いのほか良くて、そのまま先行。
直線入るころはずるずる後退。

結果は16着となりました。
16頭立てでした。
そうです。ビリです。

高松宮記念と大阪杯のCMでもこんなセリフがありました。


松坂桃李「誰かビリになるんだから」



うん、そうだそうだ。
誰かがビリになるなら、カシャーサがなったれ!と言わんばかりのビリ。
こりゃ参ったw

3歳の出資馬で期待度2位だぜ、とかほざきましたが一気にランクダウンで4位になりました。
これは違う条件も走らせる事を検討せねばなるまい。
ただの調整ミスや脚質合わずで済ますような結果ではありませんでした。


桜花賞はシルクさんのアーモンドアイが、すごい脚で勝ちましたね。
人気薄馬券だったので当然外しました。(が、購入2000円のみに抑えたのは評価してください)
出走馬を見ると、
ノーザンファーム
白老ファーム
社台ファーム

これらがほとんどを占めておりました。
俗に言う「社台の運動会」ってところですね。


見事に勝利をしたそんなアーモンドアイ。
募集価格が3,000万。母がG1馬でこの金額ですからね。
そう考えると、ノルマンディーはちょっとお高く感じてしまいます。

出資馬でいうと、募集総額2,880万のヴォルパンテールは・・・
まだ未勝利だけど、これから。
次こそは変わってくれるでしょう。(厳しいだろうなぁ)
変わってくれなければダート使うところも見たいです。


あと、桜花賞前の9Rに行われた忘れな草賞。
桜花賞に出れなかった馬でオークスを目指す馬が出走するレース、といったところでしょうか。
予定では、来年のこのレースには出資馬が出ているはずです笑

ミスティネイルが恐らくここに出てくれて、見事に勝利をしてオークスへ行く!
そんな妄想をしております。
桜花賞よりも、オークス・秋華賞タイプとみておりますが。
今だけは妄想させてください。

カシャーサ | 17:56:15 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad