FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

尊敬するブロガーさんの停止
完全なる独り言となります。

尊敬するブロガーさんの一人、Pさん(仮名)が先日ブログの停止を発表されました。
いつも読んでいる方が停止されると寂しいもんです。

停止理由は、ここには書きませんがわしもいつか同じ理由で停止しそうです笑
ただ、わしのブログは誰も読んでおりませんので影響とかはないのですが^^;

改めて確認をすると出資がかぶっているのが
ブラックヘルト
カシャーサ
ハッピーダイアリーの17
となります。

出資馬から活躍馬が出たら戻ってきていただけるようなので、陰ながら出資馬のご活躍をお祈りいたします。
アリンナデスティニーソングにも出資されているようなので、この2頭の復活がカギになりそうです。

ガキ使のヤマちゃんのように
「辞めへんで~」
と戻ってくるのも期待しております。

それにしても不思議なブログで、一口馬主のブログなのに目の保養になるという素晴らしいブログでした笑
いつの日か、復帰されるのをお待ちしております。

スポンサーサイト
独り言 | 19:04:35 | コメント(0)
11月攻勢の開始!?
キャンディソングが25日のレースで名古屋デビューの予定でしたが、1週繰り下がりました。
除外なのか、何かあっての延期なのか。
ただ来週の出走予定という事は、トラブルではなさそうです。

さて、11月6日は自分にとってはある意味区切りの日になります。
それは、昨年のプラチナムバレット君が京都新聞杯を勝ってから1年半経過する日です。

同時に、わしの出資馬が中央で勝利をしていない期間が1年半経過した日になります。

この長いトンネルをいつ抜けるのか?
来月でしょう!

という事で、11月は出走予定があるので非常に楽しみな月になります。


フェアリースキップ
夏のタイムオーバー以来の復帰戦を福島で予定しております。
先週の調教では馬なりの2歳新馬相手に遅れをとってしまいました。
まだ帰厩したばかりなので仕方がないのかもしれませんが、もうちょっと動いてからの復帰戦になるのかな。


ヴォルパンテール
13日の障害デビュー戦からの2戦目は、早くも中2週で福島の11月3日または4日を予定。
ダメージが少ないとの判断なのでしょう。
続けて使える事からも、前進を期待してしまいます。
とにかく加藤先生のコメントは前向きなんですよ。
個人的には、読んでて気持ちがいいです笑


ブラックヘルト
こちらも福島開催での出走を予定。
約半年ぶりの中央復帰戦という事で、大きな期待をかけるのは酷です。
良くなるのは3~4戦目と、中央のクラスに慣れてからでしょうか。
ただ、待ちに待った復帰戦をようやく迎えられるのは嬉しい事。


プラチナムバレット
京都大賞典のシンガリ負けから、次戦予定は11月17日のアンドロメダSになりました。
こちらはハンデ戦ですので、最近の成績から54~55kg程度で出れない・・・かな。
先生も敗因の一つとして、メンタルを挙げてますので復活への課題はメンタルなのでしょう。
ここは、河内先生を信じて立ち直るプラチナムバレットを信じるしかありません。



福島出走組は、1週目を使ったあとに中1週で使ってくるかもしれません。
11月は出資馬の出走を楽しむ事ができそうです。

ただ、今のところ連敗ストッパーとなりそうなのは・・・

地方組もキャンディソングカシャーサが、ぼちぼち初戦を迎える事ができそうです。


明日は、1歳馬の先行募集締切日。
わしは先ほど、申し込みを完了しました。

散々悩んだあげく、やはり先日から悩んでいた6頭のうちの1頭にしました。
結果は後日報告します。

独り言 | 19:49:38 | コメント(0)
先週末の気になった馬
今週末、いよいよヴォルパンテールが障害デビュー予定。

という事で、ここ最近は障害レースの馬柱も結構みてます。
これまでは、ほとんどスルーでしたが、どういった馬が出てくるのか、結果を出すのかを気にしてます。

先週は、土曜の東京と、月曜の京都に障害未勝利が組まれておりました。
メンバーはバラエティーに富んでいて、3歳未勝利を勝ち上がれなかった馬は結構流れてきてます。

土曜の東京で勝ち上がったのは、平地で3勝していた7歳馬シークレットパス
名義は岡田牧雄さんで生産は岡田スタッドです。
障害5戦目での初勝利となりました。

月曜の京都で勝ったのは4歳馬メイショウヒカル
4戦目での勝ち上がりとなりましたが、この馬は障害デビュー戦で落馬競走中止してます。
中止→9着→6着→1着

障害レースは、よほどセンスがない限り障害デビュー勝利は難しいのかな。
ヴォルパンテールも、まずは障害レースに慣れるところからでしょうね。
長い目で見守りたいと思います。


もう1つ、気になったレースのお馬さん。
月曜の京都最終レース。
勝ったのは1番人気(外)(地)ユメノトビラ

デビューが中央では間に合わず、今年の2月に4歳で園田でデビューをした外国産馬です。
初戦は大差勝ち、2戦目も大差勝ち、3戦目も4馬身差で勝利をして、パーフェクトで園田を卒業。
ちなみに3戦目の時に2着したのはノルマンディーでもおなじみのハニーロコガールでした。

中央デビューとなった昨日のレースはモレイラ騎手で1番人気。
初の中央ながら5馬身差の圧勝で、力の違いを見せつけました。

何が言いたいかというと、わしの出資馬ワンダーセトラ
最後のレースから、すでに1年以上経過しました。
のんびりでもいいので、じっくり治して万全の状態での復帰を待ってます。
ワンダーセトラも外国産馬なので、中央に戻れるとしたら(外)(地)になります。

今は、ずいぶん先をユメノトビラが走ってますが、ワンダーセトラも中央に戻れば同じ距離が主戦場になりそうです。
いつか、同世代の(外)(地)がライバルとして走ってくれたらいいなぁ。

独り言 | 19:24:00 | コメント(0)
出資してないけど、期待が出来そうな2歳馬のデビュー
先週で3歳未勝利の番組が終了してしまいました。
2歳新馬戦はとっくに始まっておりますが、未勝利戦が終わった事で世代が一つ進んだような感じがします。

ノルマンディーからは、今週3頭もの新馬がデビューするんですね。
前の世代が散々だっただけに、クラブとしてもこの世代にかける期待は大きなものでしょう。

ど素人の目線から今週デビューするお馬さんを見ていきます。

オルダージュ(土曜:東京)
しっかり乗り込んでいて、それでかつ中身も濃さそうな調教をしてます。
3歳馬相手に先着もしてますし、今週は2未勝利相手ですが0.9秒ちぎってます。
調教の見方が、まだまだわからないわしから見ると、初戦から行けるのでは?と期待してしまいます。


レイヴンキング(日曜:東京)
先週は残念ながら除外になりましたが、すぐに切り替えて今週を目標にしてきたようです。
調教も動けているようですし、調教師も自身をもって送りだしてきました。
2頭のディープインパクト産駒にはルメールとモレイラが乗ってます。
ただ、レイヴンキングの父エイシンフラッシュも府中のG1を2勝しているので、負けてません!
先週の中山除外が良い方に出るかもしれません。


グラウシュトラール(月曜:東京)
出資していないので、この馬名は初めて知りました。
なんですかこの馬名。カッコイイじゃないですか!
9文字馬名好きとしては、良い響きで好きです。(わしだとこんな馬名応募できねーわ・・)
今週の調教では、中央未勝利とはいえディープインパクト産駒の古馬相手に0.4秒追走して0.4秒先着してます。
それも馬なりで・・


もしかしたら、週末はノルマンディーウィークになってしまい3頭とも新馬勝ちという奇跡を目の当たりにするのでは・・
と期待させられるくらいのラインナップじゃないですか。
結果はどうなるかわかりませんが、2歳世代期待しちゃって良いんじゃないの?

今週の3頭の結果は、要チェックしておきます。

独り言 | 19:53:40 | コメント(2)
2歳馬の出資締め切り間近と繁殖のセリ
ノルマンディーの2016年産の出資締め切りが、明日(20日)までという事です。
残口がある馬は、どれもこれも100口以上残っております。
どうあがいても、ここから満口馬は出ないでしょう。

が、その残口馬から重賞馬が出ることは十分に考えられます。
こればっかりはわかりませんが、わしの予算では追加出資は考えておりません。

もう気持ちは1歳馬の新情報開示を待ってます。


さて、出資馬に出走予定がないので今日は来月23日に開催される繁殖馬セールのリストを見てました。
気になる馬が何頭もいたのですが、その中でも特に気になった馬を書いておきます。
その繁殖から将来重賞馬が出たら
「ほら、わしはこんな前から目をつけてたんだぜ~」
と自慢する用の記録になります笑


●No.63 サトノサファイア(4歳)(クロフネ受胎)
「サトノ」がつけば、漏れなく良血なのでチェックする必要があります。
本馬は残念ながらデビューはしてませんが、半兄にアニマルキングダムがおります。
ケンタッキーダービーとドバイWCを勝っている、すごいお馬さんです。


●No.70 レーヌドオリエント(6歳)(イスラボニータ受胎)
3歳未勝利で勝ち上がりが間に合わなかったのですが、園田ですぐに3勝して戻ってきてます。
中央では1勝でしたが安定した成績を残しており、ノルマンディーであればそのまま現役続行だったでしょう。
母の兄弟にドリームジャーニーオルフェーヴルがおります。
来春誕生するであろうイスラボニータ産駒なんかは、ノルマンディーにいておかしくないでしょう。


●No.111 ショウナンラヴィ(3歳)
先月まで現役で走っていたのですが、勝ち上がれずにここで繁殖入りです。
父はキングカメハメハで、母父はディープインパクト。
産駒が誕生すれば母母父がディープインパクトという配合だけみれば時代の最先端です。


●No118 エイシンレゼルブ(3歳)(エイシンヒカリ受胎)
中央1戦、地方で1戦のみで今年の2月のレースを最後に引退しております。
そのため、3歳馬ながらすでに受胎しているので来春にはエイシンヒカリの仔が誕生予定。
祖母のエイシンルーデンスは、わしが競馬を始めた頃の活躍馬で懐かしいです。
エイシンヒカリの仔はいつか出資したいので、すごく気になります。


●No.143 マトゥラー(9歳)(ルーラーシップ受胎)
ディープインパクト産駒の本馬は、2歳時に2戦のみで引退。
ドリームジャーニーオルフェーヴルの半妹になります。
産駒である現役3歳馬マハヴィルは今年の3月のデビュー戦で勝ち上がり、これからに期待。


●No.172 グランゼコール(3歳)(アメリカンペイトリオッ受胎)
こちらもデビューできずに引退しているので、3歳ながら受胎中です。
それもアメリカンペイトリオットという、わしとしては初耳の種馬。
セリ一覧をみると、このアメリカンペイトリオットを受胎しているのが数頭おります。
そして、どれもダーレージャパンファームから出てます。
アメリカからきて今年から種馬デビューした新星のようです。
アイル〇ヴ〇ナザー産駒が結果が出てませんので、それだったらこっちに出資したいかも笑


暇など素人がちらっと見ただけで気になった馬です。
もしノルマンディーで落札されるような事があれば・・
その産駒には、出資間違いなし!

独り言 | 20:04:32 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad