FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

馬名応募は忘れず完了してます
出資馬の出走などがあったため、ここには書いておりませんが出資をしましたキョウエイハツラツの18の馬名は、
忘れずに応募しました!

ただ、毎回納得して応募はするんですけど、空振りですからね苦笑
候補は頑張って4つほど考えてみました。

参考までに馬友にどれが良いか聞いてみると、自分でも自信のあった馬名を選んでくれました。
今回こそは!と自信満々で応募しようと最終チェックをすると・・・
残念ながら当該馬名は過去馬にありました。

フランス語で新世代を意味する「ヌーヴェルヴァーグ」という言葉。
これから競馬が新世代に移り行く中で活躍を願ったのですが、残念でした。

89年生まれに全く同名のヌーヴェルヴァーグ
08年生まれに意味は同じであろうヌーベルバーグ


前者の方だけであれば、古い馬名ですので応募しようか迷いました。
が、念のためにチェックしたヌーベルバーグ、後者については昨年も産駒を産んでる事から恐らく現役の繁殖牝馬でしょう。

という事で応募は別の名前で応募しました。
結果発表は今週中でしょうか。

発表されるまでがドキドキですが、発表と同時に凹むのが毎度のパターン。
凹んでしまったら、甘い物でも食べてストレス発散だ笑

スポンサーサイト



名づけ親への道 | 19:15:03 | コメント(1)
オリンピック様様
本日、JRAより来夏の開催変更が発表されました。

函館
函館
札幌
札幌

と開催予定だったのが、オリンピックのマラソンの札幌開催での影響により

札幌
函館
函館
札幌

と、札幌開催でサンドイッチするような形になりました。
これで来年の夏は、いつもより早く札幌開催が楽しめます。
そして、一息いれたところでまた札幌開催がやってきます。

これはオリンピックによる思わぬ影響です。

というのも、先日述べたようにマリアズハートが北海道で出走する事になれば応援に行きたいと思っていたからです。
某ねっと競馬さんの掲示板によると、菊沢先生が北海道シリーズ参戦を視野に入れているとかいないとか情報がありました。

マリアズハートのこれまでのローテは、1戦1戦間隔をとってきております。
唯一間隔を詰めたといえる3歳500万下葵Sのところで大敗を喫しております。
外枠や乗り替わり、遠征といった影響もあると思うのですが間隔も原因かもしれません。

そう考えると、キーンランドカップ出走がないような気がしてきました。
本番まで中5週となるため。

となると、函館SSスプリンターズステークスへの理想ローテになるのでしょうか。
ただ、本番への出走には賞金を稼いでおく必要が当然あります。
オーシャンステークス(勝利)→函館SS(連対)が最低条件でしょうか。

もし、本当に北海道に来るのであれば大事な1戦となる函館SS
同じ北海道といっても、うちから函館までは車で片道4時間程度考えなくてはなりません。


がしかし!
今回の開催変更により函館SS札幌開催となりました!
なんという事でしょう。
レースの方からわしの方へ来てくれました笑

もうこれは出走を願うしかありません。

残念ながら函館開催に変更になった重賞はクイーンSエルムSの2つ。
わしの出資馬で、出走する馬はいないでしょう(出走できる馬がいない)苦笑
これで、どちらかに出走となれば、オリンピックを恨みます^-^

マリアズハート | 19:56:56 | コメント(2)
復調の兆し、バレットは7着
プラチナムバレット
リゲルS 7着

ようやくここまで立て直していただけました。
7着ですが、最後までしっかりした競馬が出来ておりました。
勝負所では進路に迷うような場面がありながらこの着順です。

次走はさらに上を期待してしまいます。
精神的な問題は、今回のレースには見られませんでした。
これが大きいですね。

次走はまだ未定ですが、順調であれば京都金杯を目指すとは思いますがどうでしょう。
先日述べたように、万葉S挑戦もおもしろいとおもいます。

マイル路線はメンバーが多いので、出走叶うかが微妙なところ。
それであればもう一度、中長距離路線を目指すのもどうでしょうか。

万葉S→阪神大賞典→天皇賞春

2年前に夢見たローテを歩んでくれないかなぁ。


グルアーブ
新馬戦 3着

こちらは、わしが出資している馬ではないのですが昨日はちょうどテレビでレースを見てました。
初戦3着ということで、今後はどこかで勝ち上がれそうな良いレースをしてました。

勝ち馬ヴァルゴスピカは岡田牧雄さん名義(LEX)でしたね笑
こちらも今後が楽しみです。
というのも血統を見ると母がスマートレモラとありました。

どこかで見た名前だと思ったら、今年のセプテンバーセールで弟が上場されておりました。
セール前に、わしが気になる馬の1頭に挙げていたから見覚えがあったのです。

ヴァルゴスピカは叔母にスマートレイアー、叔父にプラチナムバレットという血統。
スノースタイル一族として繁栄してくれれば嬉しいですね。


現4歳世代は、ノルマンディー悪夢の世代として知られておりますが(?)、現2歳世代はそれを感じさせない活躍を見せてくれております。
新馬勝ち馬も出てますし、次に繋がるであろう結果を出してくれている馬が多く出ております。

(しかし、残念ながらわしが出資している2歳馬でデビューした2頭は、まだ8着にも来てません泣)

先日発表された2次募集馬の価格も発表されて、思いのほかリーズナブルでしたので興味はすごくあります笑
近いうちに予定厩舎も発表されるでしょうし、それも楽しみに待っております。

プラチナムバレット | 11:20:47 | コメント(0)
復活なるかプラチナムバレット
プラチナムバレット
土曜 阪神 リゲルS

記憶では、特別登録時に18頭だったと思うのですが、結局16頭でのメンバーとなりました。
ゲートも6番と悪くないのではないでしょうか。

メンバーも良い感じに抜けた馬がいない、どんぐりの背比べのように感じました。
前走勝ってここに臨んできた馬は3頭いますが、いずれも3勝クラスからの昇級戦。
これらの馬は全て外枠14~16番ゲートに入ります。(ラッキー)

残りの13頭はオープンで近走苦戦を強いられている馬たちで、13頭全てが前走で掲示板を外しております。
しかもそのうち10頭が二桁着順という状況。

本当にこんなオープン競走があって良いのかというような不振馬たちによるレース。
こうゆうところできっちり結果を出して2020年を迎えていただきたいと思います。

前走が初マイルで、今回もマイル戦。
という事は、イケイケローテで使ってくるプラチナムバレットですので、当然次走は京都金杯が予想されます。

賞金面で出走可能かは微妙ですが、もし目標としているのであれば是非出走していただきたい。
というのも、京都金杯がハンデ戦というのが大きいのです。

3歳で重賞勝ちをしたプラチナムバレットは、4歳時に出走したオープンのハンデ戦では、いずれも57kg背負わされております。
悪夢の七夕賞も57kgでした。

5歳になった今年の初戦に出走したハンデ戦のメイSが56kgでした。
その後はハンデ戦に出走しておりません。

6歳になる来年では、3歳時の栄光はハンデに影響されないでしょう。
それも近走不振である事を考えれば55kg以下になる可能性があると思います。
そういった意味では、京都金杯に登録をして仮に54kgなんてなれば面白い存在になれるのかと思うのですがどうでしょう。

いずれにせよ、精神面での課題を抱える本馬です。
明日のレースで「このメンバーではやれる!」というところを見せつけて復活の兆しを見せていただきたい。


個人的には、長距離での活躍を期待して出資した馬ですので、金杯が賞金不足で出走がダメなら
翌日の万葉S(ハンデ)への出走!という奇策も見てみたいのですが笑
岡田牧雄さん、よろしくお願いいたします。

プラチナムバレット | 19:51:52 | コメント(0)
ド素人のマリアズハート「2020年ローテ」予想
マリアズハートの勝利からまだ興奮が冷めません。
次走がもう楽しみで楽しみでなりません。

早速、昨日クラブから次走予定が更新されました。

3月7日 中山 オーシャンステークス(芝1200m)

ここは一貫してのゆったりローテで来ました。
条件的には1月6日のカーバンクルステークスも中山1200という事で文句無しだったのですが、
これまでにないローテという事でしょうか。
オープン昇格後、いきなりのG3挑戦となりますが、それを克服できる器という事でしょう。

ご存知、オーシャンステークスは1着に「高松宮記念の優先出走権」が与えられます。
今回のローテ、及びこれまでのローテから考えると高松宮記念は出走がないとみました。

オーシャンステークス高松宮記念だと中2週とこれまで使ってきたのとは全く違う間隔になります。
中山成績を考えてみても、大目標はスプリンターズステークスで間違いないでしょう。

それではスプリンターズステークス(10月4日)から逆算して考えてみます。
まずはそのステップとしてどこを使うのか。

セントウルステークス(9月13日) 
これだと本番まで中2週+遠征競馬と過酷なローテになります。
まずないでしょうね。

北九州記念(8月23日)
ここだと中5週で本番を迎えられます。
ただ、わざわざ小倉遠征という形になるので、これもどうでしょうか。

キーンランドカップ(8月30日)
ここからだと中4週での本番となります。
涼しい北海道で過ごせるのと、何よりもわしが観戦に行けるのです!!

この前に函館SS(6月21日)を使うとすれば、この2戦をこれまで通りのゆったりローテで望めます。
函館SSに出走となったら、意地でも現地観戦に行きたいですね笑


現在は、まだ春の番組までしか発表がないため重賞だけのローテ予想となりました。
もちろんまだ3勝クラスを勝ったばかりの身としては、リステッド等で賞金加算する可能性も十分にあります。
オーシャンステークスで最高の結果を出せるようであれば、本番まで逆算したローテで賞金加算を目論むはずです。

個人的にマリアズハート最高の2020年としては

オーシャンステークス(勝って今後のローテが楽に)

函館SS(わし初の口取り)

キーンランドカップ(2回目の口取り予定)

スプリンターズステークス(わしが初の中山観戦で号泣)

香港スプリント(世界のMaria's Heartに!)


結果として
2020サマースプリントシリーズ優勝

2020最優秀短距離馬



個人的に北海道参戦となれば本当に嬉しいのですが、どうなる事でしょう。
夏が待ち切れません。(今は春も待ちきれない)


もし香港出走となればどんな馬名が漢字表記になるのでしょう。
聖母心とかでしょうか?これも楽しみですね。

マリアズハート | 19:50:24 | コメント(0)
次のページ