FC2ブログ
 
■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!
負けてもなるべくポジティブな事を書くようにしてます。

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

競馬あるある早く言いたい
車でラジオを聞いているのですが、年に数回聴く曲があります。
有名な曲なので、たま~に誰かしらのリクエストでかかるんですよね。

その曲名は
「およげたいやきくん」


この曲を聴くと、替え歌が頭の中で必ず流れます。
競馬あるあるではないでしょうか。


毎週毎週僕らは鉄板の♪
レース外して嫌になっちゃうよ♪




わしだけ?笑

スポンサーサイト
競馬あるある | 20:26:44 | コメント(0)
土日の出走結果で2018年は終戦かな
15日、16日と出資馬が1頭ずつ出走しました。
有馬記念のプラチナムバレットの出走が叶いそうにないので、出資馬としては2018年のラストレースになったと思います。
が、もしかするともしかするので、総括は来週が終わってから笑

15日 ヴォルパンテール
障害未勝利戦
8/14着

今回で障害3戦目です。
掲示板には遠い8着となりました。

前走は、初の8着以内となる7着でしたが、4頭が競走を中止している棚ぼた的な7着。
しかし、今回は大外枠で痛恨の出遅れ!
レースは全馬14頭が完走しました。

メンバーに恵まれた感があるとはいえ、この馬にしては8着という事で前進できたといえるでしょう(大甘)
直線に入るところでは二桁着順を覚悟しましたが、意地をみせて8着です。
このような成績なので、いつファンド解散があってもおかしくないのですがもうちょっとだけ夢の続きをみていたいです。


16日 ブラックヘルト
3歳上500万下
11/13着

結果、内容ともちょっと残念な結果になってしまいました。
中央復帰2戦目という事で前進を期待してましたが、力及ばず完敗といったレースでした。

服部寿騎手コメント抜粋
「まだハミに頼って前のめりで走っているような感じ。
トモがパンとしてその辺が解消されれば、終いの粘りも違ってくると思います。」

まるで3歳未勝利馬に向けられるかのようなコメント?
もうちょっとレベルアップをしないと、このクラスでも通用しそうにありません。
馬は何がきっかけでガラっと変わるかわからないので、今はきっかけを期待してます(願望)


今週は珍しくノルマンディーの2歳馬が勝ち上がりました。
オルダージュの出資者の皆様おめでとうございます。
父はタイキシャトル、母父はキングカメハメハ

母父が同じキングカメハメハのわしの出資馬フェアリースキップは、小野町へ修行の旅へ出掛けました。
こちらもレベルアップが必要です^-^;


馬券は、秋のG1が当たった記憶がありません。
出資馬よりも、わしの予想のレベルアップの方が必要そうです(苦笑)

ヴォルパンテール | 19:42:22 | コメント(0)
週末は恐らく、出資馬年内最後の出走か
朝一番で嫌な記事を目にしてしまいました。

スマートレイアー、有馬記念出走へ

除外対象のプラチナムバレットが出走するには、回避馬が出るのを祈るしかないのですが、東京大賞典と両にらみだったスマートレイアー姉さん陣営が有馬記念出走を表明したようです。
誠に残念ですが、出走予定馬で回避しそうな馬がいなくなってしまいました。
トラブルがない限り、全馬出走に前向きですし、補欠2番手と考えると出走は厳しいでしょう。
こうなったら、全姉スマートレイアーには弟の分まで走ってもらうしかありません。

有馬記念といえばサイン馬券。
プラチナムバレットは馬名が「プラチナの弾丸」ですからね。
来週、どこかで暗殺事件でもあってバレットが出走する事になれば穴人気しそうですが笑
ただ暗殺なんていうのは縁起でもないですね。失礼いたしました。


こうなると、来週に出走を予定してる馬がおりませんので、わしの出資馬の出走は今週が最後になりそうです。
それはすなわち、2018年を未勝利で終えるか1勝できるかの最後の戦いでもあります。

今週出走を予定しているのは、
土曜 中京のヴォルパンテール

日曜 中京のブラックヘルト

この2頭です。
どちらもよほどの事がない限り、勝利は難しいと思いますが、よほどの事が起こるのを期待するしかありません。

ヴォルパンテールは先週除外になってしまいましたが、メンバーをみると今週の出走で結果オーライの予感です。
上位人気馬を逆転するのは難しそうです。
そして入ってしまったのが大外枠!
ここは、障害3戦目という事でさらに一歩前進した姿を見せてもらいたいですね。


ブラックヘルトは日曜の若手騎手限定レース。
服部寿騎手はわしの出資馬では初めてです。
昨日の記事でクラブの事を悪くいったのですが、多分間違いないはずです)

この服部寿騎手は、地方と中央の若手騎手が集うヤングジョッキーシリーズのファイナルラウンドにも出るようです。
予選ラウンドで関西騎手4位に入り、ギリギリでファイナルへの進出を決めているようです。

その優勝騎手を予想するTCK&JRAキャンペーンのページがありました。
思わず服部寿騎手で応募してしました。
今回のブラックヘルトのレースはキャンペーンと関係ありませんが、これもご縁だ、頑張れ服部寿騎手!!


本日のクラブからの発表で、名古屋へ転厩していたキャンディソングの中央復帰が発表されました。
復帰は美浦の加藤和先生のところに正式に決定したようです。
(関西に戻るかと思いましたが、会員の声が聞こえてクラブがその声をくんだのでしょうか・・)
わしでいうと、ヴォルパンテールでお世話になっており、先生のコメントはすごく好きです笑

失礼ながら立ち位置的には、結果が出なかった馬を預かるようなポジションになってしまうのかな。
加藤先生が唯一重賞を勝たせたのがハナズゴールです。
同じ短距離路線の牝馬です。
ここでキャンディソングが活躍できれば先生の代表馬になるチャンスです。

復帰は来年の小倉を予定との事なので、首を長くして待ちたいと思います。

ヴォルパンテール | 20:09:15 | コメント(0)
ノルマンディーに対して、ちょっと生意気な事を。
本日は、船橋2戦目となるカシャーサの出走がありました。

初戦はD1500mで6着と物足りない結果となってしまい、今回はすでに背水の陣のような戦いに。
今回は中央でも4着になった事があるD1200mのレース。

結果は3着。
ただ、勝ち馬と2着馬のタイム差は0.5秒。
その2着馬からさらに1.8秒差の3着となりましたので、善戦というよりも上位2頭には力の差を見せつけれらる結果に。

着差はつけられてしまいましたが、このクラスでやれる恰好はつけられたのではないかという、甘い判定をします笑
欲を言えばやはり1着が欲しかったのですが、クラブが伸びしろを感じて地方転厩させたと思うので、今日の結果で見限ってはほしくないのが正直な感想です。

出資馬でいえば、キャンディソングが名古屋で2連勝をしました。
その1着賞金が27万と23万でした。

改めてみると、船橋は賞金が高いですね。
今回の3着でも、どうやら27.5万円と、名古屋の1着に匹敵する賞金のようです。
1着賞金は100万をこえるので、もう少し走ってもらってカシャーサにも出資者にも1着の喜びを与えて欲しいですね。

ノルマンディーに対して生意気な事を書かせてもらいます。
今回は、ジョッキーとクラブに多少なりとも問題があった結果となりました。

服部茂騎手コメント抜粋
今回初めて乗せていただきましたが、転入初戦を一度叩いて馬は良くなっていたようですね。」

問題なのは、文頭の一文。

「今回初めて乗せていただきました」

中央所属時の門別での交流戦で服部茂が騎乗しております。
本馬への騎乗は2戦目なのです。
騎手は多くの馬に乗るので、ピンポイント騎乗になった馬の事を覚えていないのはしょうがないのですね。
むしろ、コメントでよくある「以前より良くなっていますよ」とかは、わしはあまり信用はしておりません笑

服部騎手が覚えていないのはしょうがないにしても、カシャーサの過去の戦歴を調べていないのかと思うとショックですね。
調べていれば騎乗をした事を思い出すでしょうし。

その失言とも取れる発言を、そのまま騎手のコメントとして載せてしまったクラブ側にも落ち度があると思います。
実際、「今回初めて乗せていただきましたが」という文言を削除して掲載すると、全く問題のない文章ができあがります。


所詮、地方に回るような未勝利馬は、騎手にとってもクラブにとってもただの馬なのかもしれません。
ただし出資者にとっては当然思い入れもあるので、コメントにも愛情を感じたかったですね。
今回の一件は、個人的にはちょっと薄情な感じがしてしまって残念でした。

カシャーサ | 19:50:35 | コメント(0)
プラチナムバレットはディセンバーS回避へ
今週のディセンバーSも視野に入っていたプラチナムバレット
今日追い切りが行われたようですが、このレースは回避する方向のようです。

クラブ発表の次走予定が更新され、ディセンバーSがなくなり
「有馬記念」「中山金杯」の2択になっておりました。
現時点ではどちらかの出走を目指すようです。

本日の追い切りでは、珍しく先行をして追いかけられる立場。

栗 CW・稍
81.9 - 65.8 - 51.1 - 38.2 - 12.5 (一杯に追う)
サンライズソウマ(古500万)直強目の内0.4秒先行0.3秒遅れ

あれれ?
映像をみてないのでなんとも言えませんが、強目に追う相手に、先行をして一杯に追いながらリードを保てなかったようです。
相手は、地方から出戻りをした馬です。
調教内容から回避を決断したのでしょうかね。

後ろから来られたら怯んでしまうのかなぁ。
残された復活の道は、殿でのノリポツン!?笑
ただ、横山騎手はミッキースワローを予定してますね(残念)


有馬に出走をするには、上位馬に回避してくれるしかありません。
他馬に運命をゆだねるのもなんですが、ディセンバーS回避はこの馬の運命の分かれ道になるのかもしれません。

プラチナムバレット | 19:45:10 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad