■わしの出資馬

■プロフィール

わっしょの師匠

Author:わっしょの師匠
相馬眼や血統知識がないので、運だけで勝負!

相互リンクしてくれる方、募集中です。

■リンク
■最新記事
■迷い込んだ人の数

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■ブログランキング

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ほぼ連闘の、ほぼクグロフ
クグロフ
某CMじゃないですが、ほぼ連闘となりました。ほぼクグロフ君。
そして念願のほぼダートほぼ1700mの挑戦となります。

明日のほぼ函館ほぼ2Rへの出走です。
当初はほぼ古川吉洋騎手予定とありましたが、明日の鞍乗はほぼ藤岡康太騎手です。
すっかり忘れていましたが、2戦目のほぼ京都遠征の際に騎乗されているんですね。
その頃よりは成長していることでしょう。
(ほぼ使用ここでほぼ終了します笑)

騎手って、こんな半年以上も空いた、しかも未勝利戦で1回しか乗った事ない馬の事って覚えているんでしょうかね?
わしなんて半月前のスケジュールさえ忘れているし。
テレビや新聞のコメントだったら覚えてる風ですが、ぶっちゃけ覚えてないでしょう。よほど特徴がない限り。


カシャーサ
今週出走を予定しておりましたが、抽選にもかからずの除外となってしまいました。
翌週以降へのスライドとなりました。
が、その翌週の予定だと6月30日の中京ダート1200(牝)です。
このレースには、出資馬キャンディソングも出走を予定しております。

カシャーサは7月4日の交流競走へも申し込みをかけているようなので、なんとかそちらに出走が叶えば嬉しいのですが。
この交流競走はダート1400mなのですが、距離延長も苦にならないでしょう。
是非こちらに出走を!!


ヴォルパンテール
意外に(?)な事に、今週臨時更新はございませんでした。
わしの予想は外れました。
とりあえず次走予定は福島開催となりました。
このまま高木厩舎で続戦となりそうです。(多分)

本日の更新で外へ行きましたので、短期で戻して7月後半で使う事になるでしょうか。
個人的予想としては、7月22日のダート1700mあたりでしょうか。
江田騎手も「極端な競馬」を推奨しているように、手詰まり感が否めません。
ここで言う極端な競馬といえば逃げやまくりになるのでしょうか。
そうであれば、ダート1700を使うのかなぁと思っております。


来週は早い事に6月最終週となります。
昨年は、この最終週に4次募集の発表がありました。
個人的には今年も売れ残り処分馬による4次募集があるのではと勝手に思い込んでおります。

出資するためには、まず資金ですが出資したいお馬さんがリストアップされるかどうか。
今週の競馬でどかんと当てて、出資にまわしたいところです。

それにはまずクグロフの出走。
全姉もダート短距離で活躍するように、血統的にはダート短距離が適正でしょう。
が、前所属の先生が試したかった事や現所属の先生も2戦目で試すように、可能性があるのも事実でしょう。
すっと先行出来れば良い結果もあるのでは!?
なんとかぎりぎりでも優先権を!

個人的期待度
★★★☆☆(掲示板期待)


スポンサーサイト
クグロフ | 21:02:44 | コメント(0)
岩崎翼騎手と七夕賞へ
プラチナムバレットの次走騎手が内定しました。
河内厩舎に元所属していた岩崎翼騎手です。

除外の可能性もあるので、100%出れるわけではありません。
岩崎騎手は、まだ重賞未勝利ですので出走が叶えば大チャンスですね。
今の競馬界は、なかなか若い騎手にチャンスが与えられませんからね。

わしが競馬を始めて、まだ武豊騎手しか知らなかった頃。当然岡部騎手も知りません笑
そんな時代に強かった牝馬「メジロドーベル」がおりました。
このドーベルの主戦は吉田豊騎手でしたが、なんせ無知でしたのでどんな騎手かもわかりません。
こんな強い馬に乗ってるんだから、すごい騎手なんだろうなと思っておりました。
後からわかった事ですが、若手騎手だったんですね。

調べてみるとドーベルに騎乗していた頃の吉田豊騎手は21~24歳。
大久保洋吉先生が、所属のあんちゃんにこんな馬を乗せれるいい時代です。

岩崎翼騎手は現在24歳。
ちなみに岩崎翼騎手が産まれた年に吉田豊騎手がデビューしておりました。
(時の流れを感じます・・)
河内先生が愛弟子与えた大チャンス。(除外されなければ)
期待に応えてください、岩崎翼くん!



どうでもいい話ですが、吉田豊騎手のお手馬で一番好きだったのは、サイレントハンターです。
G1こそ勝てませんでしたが、生粋の逃げ馬として魅了してくれました。
最近はそんな生粋の逃げ馬も、あまり見なくなってしまいました。

いつかこんな馬に出資したいです。

プラチナムバレット | 19:39:20 | コメント(0)
今後は環境変化がありそうなヴォルパンテール
日曜のレース。
初ダートとなったヴォルパンテールでしたが、結果は11着と芝同様結果が出ませんでした。

これはある程度覚悟が必要になるでしょう。
今週あたり臨時更新があってもおかしくありません。


今後として考えられる事をいくつか最悪の場合を順に想定。


◆ファンド解散、サラブレッドオークション行き
こうなると、彼女と関わる事はもうできません。文字通り最悪の想定。


◆ファンド解散、繁殖牝馬入り
海外からある程度の価格で購入してきておりますからね。
売り払うくらいなら繁殖入りしてくれたら言う事はありません。
サンデーが入っていないだけで配合相手を選びませんし。
今度は母馬として、優先出資が出来る事になるでしょう。


◆地方転厩
現状では中央は諦めて、地方からの出戻り。
まだダート1戦ですので、この判断は早いでしょう。


◆障害転向
芝でダメならダート。
ダートでダメなら障害!
という、安易な転向。
わしの考えが安易なのです。


◆転厩
これは十分にありそうです。
というか個人的には今週当たりくるのでは、と思っております。
高木登厩舎もノルマンディーはもちろん、マイネル軍団や了徳寺さんの〇〇テソーロなどが集まる
人気厩舎ですからね。
全戦二桁着順のヴォルパンテールが環境を変えさせられる可能性は高いのでは?


◆このまま続戦
環境が変わらなくても地方交流などは可能性ありそう。




個人的な予想は、転厩です。
そうなると、この時期の結果が出せていない3歳未勝利馬の転厩先といえば
失礼ですが、リーディング下位の厩舎になるでしょう。

ずばり蛯名利弘厩舎!

理由もなにもないのですが、所属馬を見たらヴォルパンテールと同じような名前の馬がいたから。
その名もレヴァンタール

レヴァンタール
ヴォルパンテール

なんとなく響きと、「ヴ」と「ール」が・・



当たったら、予言者としてデビューします。

ヴォルパンテール | 19:28:37 | コメント(0)
サマー2000シリーズ出走なるか・・
予定通り、今月は出走が続きそうです。
結果も出てくれれば嬉しいですが、どうなることやら。


6月17日
ヴォルパンテール

6月24日
カシャーサ

6月30日
キャンディソング
クグロフ(または7月1日)

7月8日
プラチナムバレット


特に気になるのは、プラチナムバレット
昨日の近況から河内先生のコメント抜粋
「この感じならば次走プランを立てられそうですね。
あくまで予定ですが、7/08(日)福島・七夕賞(G3・芝2000mハンデ)を目標にしていきます。」

ついに正式に先生よりコメントがいただけました。
先日書いたように賞金的に除外されるリスクがありますが、目標として七夕賞。

ここからは妄想タイムになりますが、ここで1着または2着を取れれば、次走予定が組みやすくなります。
そしてなにより、七夕賞はサマー2000対象レースです。
次走に小倉記念・札幌記念・新潟記念を使って、結果を出せれば、サマー2000のチャンピオンが見えてきます。

賞金は馬主に3200万、厩舎関係者に800万。
G3を勝つのと同等の賞金は、大きいですね。



フェアリースキップも、無事に入厩してデビューに向けて頑張っているようです。
満口にはなりませんでしたので、出資を見送った方を後悔させるくらいの活躍を期待してます!!

今日の出走で気になった馬を。
函館2歳新馬 芝1000m
ロードワンダー

気になった理由は、その配合。
このロードワンダーですが父がキンシャサノキセキで母父がキングマンボ
フェアリースキップが父キンシャサノキセキで母父がキングカメハメハですので近い配合です。
世代も一緒なので、今後戦う事があるかもしれません。

結果は1番人気に推されるも、2着止まりでした。
いつでも勝ち上がれる印象のレースでした。
鞍上はルメール騎手でしたが、今日のルメール騎手の調子が良くない。
8鞍に騎乗。それも全て3番人気以内でしたが、勝ったのは結局1つのみ。
今日の結果はルメールに、してやられたといったところでしょうか。


この新馬戦でシンガリに負けた馬は、勝ち馬より12秒近く負けており、当然タイムオーバー。
1頭だけ1200m走ったかのような時計でした。

ちょっとひどい結果なので、どこの可哀想なオーナーでどこの生産牧場か見てみると・・・
トレンディダーム

これは、完全にノルマンディーの2歳馬も期待出来なくなってしまいますよ笑
いや、まじで・・

プラチナムバレット | 20:08:21 | コメント(0)
結果が求められるヴォルパンテール
17日 東京1R ダート1400m 16頭立て

ヴォルパンテールの出走が決まりました。
今回は初のダート。調教でも良い動きを見せており、結果が期待されます。
ただ、(個人的主観ですが)芝を見限られての)ダート路線転向です。
ここで結果が出ないようであれば、最悪ファンド解散も覚悟しなくてはなりません。

出走メンバーは、ヴォルパンテールを含めてレベルが低めのメンバーになったようです。
16頭立てで、初出走は1頭。
二桁着順を経験していないのは、なんと1頭。
その1頭も、2戦して6着・9着と安定感には欠けております。

馬券に絡んだ事があるのが、わずか3頭でこれらの馬が人気の中心になるのでしょう。
ヴォルパンテールも初ダートという事で穴人気してくれるでしょうか。

鞍上は、ここまで4戦して2戦乗っている江田ちゃんです。
3戦目という事で、主戦騎手と言っても良いでしょう!!
その江田ちゃんが、初めて跨った2月のレース後には、ダートへの進言もしております。

その時は、初ダート出走まで4か月かかると思いませんでしが、ようやくスタートラインに立つと思ってます。
目標は8着以内・・・なんて悠長な事は言ってられません。

ここは掲示板を期待してます!!

この馬は記憶の限りだと、あまり売れなかった気がします。
そうなると売れ残り分はクラブの負担になるでしょうから、見限りが早いのかと懸念があります。

優先権を取れれば、7月14日または22日にある福島ダート1700mを使えます。


絶対に負けられない戦いがそこにはある!


個人的期待度
★★★☆☆(掲示板期待)


ヴォルパンテール | 20:47:23 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad